緊急(きんきゅう)プレミアム殿堂(でんどう) [編集]

緊急プレミアム殿堂 P 水文明  (3)
呪文
カードの名前を1つ選んで言う。次の自分のターンのはじめまで、誰もその名前のクリーチャーをバトルゾーンに出せず、その名前の呪文を唱えることができず、その名前のクリーチャーは無視される。
※プレミアム殿堂

DMEX-08で登場した呪文

宣言したカード名カードを次の自分のターンのはじめまで誰も出すことや唱えることができなくなる能力を持つ。既にバトルゾーンにいるクリーチャーの名前を宣言した場合、そのクリーチャー無視する効果も発揮する。
《「本日のラッキーナンバー!」》と比べると、対象がピンポイントになって、自分にも効果が及ぶようになってしまったが、あらゆる方法の着地も許さず、既にバトルゾーンにあるクリーチャーを無視できるのはあちらにはない利点。単純に1種類のカードによるカウンター封じだけを考えるなら《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》より強力。

後述の通り生まれながらにしてプレミアム殿堂に指定されているため、活躍は殿堂ゼロデュエルに限るだろう。
このカードが使用できる環境では、S・トリガーを封殺されたりする危険性を減らすために墳墓避けを考慮する必要があるに違いない。

  • 「無視される」というのは、おそらく封印されているのと同じ状態を指すと思われる。
    • 「無視される」(≒プレミアム殿堂同然に扱う)という意味ではウィットに富んだ効果とネーミングである。
    • なお、出せないクリーチャーを召喚しようとすることは可能[1]で、唱えられない呪文も、一部のカード(《卍 新世壊 卍》)を使えばそれを突破して普通に唱えたりできる。
  • 当然《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》を殿堂入りさせた直後により優れたカウンター封じを登場させることは平気なことであるはずはなく、登場7日前の2020年1月18日付でプレミアム殿堂に指定されている。初の発売前にプレミアム殿堂に指定されたカードである。登場7日前はゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカードなど初めから規制を掛ける前提のカードを含めて殿堂入り以上に指定されたカードとして史上最速記録。
    • なお、このカードのプレミアム殿堂が発表されたのは、プレミアム殿堂指定日の前日である2020年1月17日(コロコロ生配信にて)であり、本当に緊急でプレミアム殿堂に指定された。
    • 発売の7日前に禁止カード(プレミアム殿堂)入りするというのはデュエマはおろか、他カードゲームでも類を見ない速度であり、当然ながらTCG界隈において禁止カード入り最速記録(-7日)である。
      なお、二位はMagic: The Gatheringの《精神の願望/Mind's Desire》の0日である。
      あちらは、このカードのようにジョークではなく本当に環境を支配する危険があったための禁止カード化である。
    • なおDMEX-08には直前にプレミアム殿堂入りしたカードも収録されているため、このジョークが若干霞んでしまった。
  • 元ネタはMTGの《Look at Me, I'm the DCI》であると思われ、イラストが開発者(こちらは主任デザイナーであるMark Rosewater氏)が描いたものであることも共通している。そちらに合わせてか、こちらもイラストレーターの名前が記されていない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-08
    この対戦で発表される情報は……コレだ!!

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] ただし、実際に出す時点で《緊急プレミアム殿堂》が発生源となる「出せなくする効果」を解消(《∞龍 ゲンムエンペラー》を使うことで可能)していなければ、召喚宣言も不発に終わる。