【赤単ヴァルボーグ】 [編集]

種族ヒューマノイドで統一し、《機神装甲ヴァルボーグ》を投入したタイプの【赤単速攻】

機神装甲ヴァルボーグ SR 火文明 (3)
進化クリーチャー:ヒューマノイド 5000+
進化−自分のヒューマノイド1体の上に置く。
W・ブレイカー
攻撃中、このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある他の火のクリーチャー1体につき、+1000される。

動きは簡単で、2ターン目に軽量ヒューマノイド召喚し、可能な限り3ターン目に《機神装甲ヴァルボーグ》進化させて攻めるというもの。その他の周りを固めるブロッカー破壊などのカードは、基本的に【赤単速攻】の定番ものを使う。

進化クリーチャーを使用するため、通常の【赤単速攻】と比べて1発の除去に対して脆かったり、引いたカード腐りやすいというデメリットがある。

主なヒューマノイド [編集]

《爆裂B-BOY》進化コスト軽減
《勇騎 バクアイラ-1》軽量手札交換
《爆襲 アイラ・ホップ》軽量S・バッククリーチャー
《ハクメイ童子》S・バック持ちのスピードアタッカー
《炎舌実況DJ・ショー》ジャンケンに勝てばスピードアタッカー
《究極兵士ファルゲン》マナの数に応じてパワーが変動
《爆冒険 キルホルマン》山札の上ヒューマノイドドラゴンならスピードアタッカー
《爆山伏 リンクウッド》マナ武装3でヒューマノイド手札補充
《斬込隊長マサト》マーシャル・タッチスピードアタッカー
《鬼切丸》3コストスピードアタッカー
《音速 ニトロフラグ》侵略モードで味方をスピードアタッカー
《ハンマー野郎 オニドツキ》cipブロッカー破壊
《勇騎 オニモエル-2》cipで2000火力
《爆炎シューター マッカラン》マナ武装3で相手と効果バトル
《爆轟 マッカラン・ファイン》マナ武装5で味方をスピードアタッカー
《爆熱血 ロイヤル・アイラ》マナ武装3で手札交換
《爆鏡 ヒビキ》呪文メタランデス
《龍覇 アイラ・フィズ》軽量ドラグナー
《爆龍覇 ヒビキ》スピードアタッカーを持つドラグナー
《モエル 鬼スナイパー》S・トリガー獣で4000火力
《最終決戦だ!鬼丸ボーイ》S・トリガー獣カード指定除去
《爆壁 ヒビキ 18y》エスケープ持ちのスピードアタッカーS・バックとシナジー
《音速 ガトリング》ヒューマノイド対象の侵略持ちW・ブレイカー

その他の候補 [編集]

1コスト [編集]

2コスト [編集]

3コスト [編集]

4コスト [編集]

その他 [編集]

基本戦術 [編集]

軽量ヒューマノイドから《機神装甲ヴァルボーグ》に繋いで序盤からシールドブレイクしていく。1ターン目から《凶戦士ブレイズ・クロー》《ブルース・ガー》などを展開し、相手を追い詰める。

2ターン目になったら各2マナヒューマノイドを出していく。《炎舌実況DJ・ショー》《斬込隊長マサト》は条件を満たせばスピードアタッカーとなる。

3ターン目になったら、《機神装甲ヴァルボーグ》進化して更なるビートダウンを行う。パワー5000と大きな数字のため、下手な火力パワー低下に引っ掛からないのが利点である。

その他 [編集]

このデッキの変遷 [編集]

《機神装甲ヴァルボーグ》プロモーション・カードで登場したDM-02環境で登場。その後DM-05スピードアタッカーが登場するまでは唯一のまともな速攻デッキとして君臨していた。

進化とはいえ、3マナパワー5000のW・ブレイカーというスペックは当時としては飛び抜けたものであり、《クリスタル・ランサー》を使ったビートダウンと並んで、なかなかの使用率を誇った。また、邪魔なブロッカー《火炎流星弾》《ボルカニック・アロー》除去することができた。

しかしながら、手札消費の速さと進化という点でいかんせん安定力に難があり、DM-05以降、純正の【赤単速攻】やその派生の【赤黒速攻】【赤緑速攻】などがさらに強化されていったことで相対的に弱体化。進化というギミックのみにスピードを頼ったこのデッキメタゲームからは完全に失墜した。

闘魂編以降、ファンデッキ色を強めているデッキタイプである。しかし、その後細々とヒューマノイドおよび【赤単速攻】の戦力が充実していき、純正の【赤単速攻】には若干劣るものの、なかなか強力な速攻デッキとして組めるようになってきている。

革命編では最速2ターン目からバトルゾーンに出せる進化クリーチャー《音速 ガトリング》が登場。《機神装甲ヴァルボーグ》は5枚目以降の《音速 ガトリング》のような扱いになり、以降は《音速 ガトリング》を中心とした【赤単ガトリング】に立場を譲った。

【赤青ヴァルボーグ】 [編集]

基本セットのカード限定で対戦するデュエマクラシック環境に存在するデッキタイプ。

デッキ自体は《機神装甲ヴァルボーグ》登場時点で《アストラル・リーフ》と組み合わせた【リーフヴァルボーグ】が既に存在していたが、除去全般に弱く【リーフスマッシャー】に見劣りしやすかった。デュエマクラシックの環境においては一定のエキスパンションまでしか使用できないルールがあり、カード単品の値段が発売当時と比べ下落している為構築もしやすくなった。

主要カード(基本セット期) [編集]

要するに【赤単ヴァルボーグ】の余った枠に水の防御S・トリガー除去、優秀なリキッド・ピープルを詰め込んだデッキである。

参考 [編集]