【ピラッキランデス】 [編集]

《天龍神の翔天 ピラッキ》《リアリティ・ヴォイド》で早期かつ継続的なロックを狙うデッキ
核となる白黒を中心に、《マナ・クライシス》が使える自然を追加して組まれる。

勿論、自然の代わりにを投入して《クライシス・ボーラー》《グングン☆マグネットマン》を入れたり、を追加して《センジュ・スプラッシュ》《有象夢造》で対処するのも良い。

天龍神の翔天 ピラッキ UC 光/闇文明 (2)
クリーチャー:ファイアー・バード/ディスタス 2000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚、自分の墓地から手札に戻してもよい。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする。
リアリティ・ヴォイド C 闇文明 (3)
呪文
次の自分のターンのはじめまで、相手は自分自身の手札をマナゾーンに置くことができない。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

クリーチャー [編集]

《ラブ・エルフィン》呪文を1コスト軽減
《デスマッチ・ビートル》コスト踏み倒しメタガードマンで《ピラッキ》を守る
《煌ノ裁徒 ダイヤモン星》コスト軽減を無効にするブロッカーG・ストライク
《魔軸の鎖 カメカメン》アバレチェーンでコスト4以下の呪文を唱える
《貴様の罪のジャッジメント》呪文を1コスト加重レインボーナスで場にとどまる
《五憐の精霊オソニス》多色を2コスト加重
《停滞の影タイム・トリッパー》マナタップイン
《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》シールドから手札補充除去要員。鬼タイムも狙える
《禁術のカルマ カレイコ》置換効果のよる山札利用メタ。
《Disゾロスター》など味方の能力も不発になるので注意
《デュエマの鬼!キクチ師範代》
《Disゾロスター》cipでシールド追加墓地肥やしマナブースト
全ての能力がこのデッキと合い、マナ基盤にもなる
《式神シシマイ》召喚ロックカウンター封じ
《呪紋のカルマ インカ》
《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》呪文ロックカウンター封じ
《正義の煌き オーリリア》
《魂晶 リゲル-2》cipでマナ回収サルベージできるマッハファイター
《獣軍隊 ヤドック》コスト踏み倒しメタ不正に対して置換効果マナ送り
相手のマナを増やしてしまうが、cipすら発動させない

呪文 [編集]

ツインパクト [編集]

その他 [編集]

火または水の候補 [編集]

このデッキの回し方 [編集]

2ターン目に《天龍神の翔天 ピラッキ》を召喚し、3ターン目に《リアリティ・ヴォイド》を唱えて墓地に置き、以降延々と《天龍神の翔天 ピラッキ》アタックトリガーによる《リアリティ・ヴォイド》回収と《リアリティ・ヴォイド》詠唱を繰り返すのが理想の展開。

適宜クリーチャーを並べて最後に《呪紋のカルマ インカ》《ファイナル・ストップ》ロックして安全に詰める。

呪文に依存するデッキが相手の場合、2ターン目《天龍神の翔天 ピラッキ》、3ターン目《魔軸の鎖 カメカメン》と動いて延々と《ファイナル・ストップ》を放つのもアリ。その場合、相手がクリーチャーによる対抗手段を出せるか出せないかのタイミングで《マナ・クライシス》《天使と悪魔の墳墓》で妨害しよう。

破壊バウンスされたら《影世界のシクミ》で呼び戻し、相手のS・トリガーから展開されるクリーチャーには《オリオティス・ジャッジ》で対処すれば良い。

長所 [編集]

短所 [編集]

  • 普通に回しているとカウンター封じで安全にブレイクできるシールドは2、3枚程度なので、素でブレイクしたもう2、3枚で除去S・トリガーを引くのもマズい。
  • 除去が豊富なデッキの場合は回収・復帰が間に合わないことも。

参考 [編集]