べんちゃん [編集]

漫画およびアニメ「ビクトリー」シリーズ・「VS」シリーズの登場人物。

勝太の友人であり同級生。本名は勉 達也。アニメでの声を担当しているのは平田絵里子?氏。

成績優秀だが、良い学校に行くために勉強で忙しく、デュエマを控えることもある。
だが実力はかなりのもので、ぶっちゃけヨーデルは全く敵わず、「キラーメガネ」の異名を持つ。

アニメ「VS」では志望通りの名門校・天才学園に入学。成績はトップクラスでレナ(声は奈波果森氏)というガールフレンドも出来て充実した学校生活を送っている所謂「リア充」。
勝太に新たなデュエマ『ドラゴン・サーガ』と『ドラグハート』の存在を教える切っ掛けを作った。

漫画「VS」ではデュエマをはじめあらゆる娯楽を禁じられた学校生活の中、デュエル塾を開き、その塾長を務める。
性格も冷たいものに変わってしまい、訪れた勝太に対し、ルシファーとのデュエマで敗北したことを「こんなに弱い君がボクの友達だったなんて恥ずかしくて誰にも言えない!」と非難した。
激昂し修行を積んだ勝太とのデュエマでは、世界中の知識を頭に流し込むヘルメット「メガネットワーク」を使用している。また、ガールフレンドであるレナは登場していない。

第5巻のハカセの調べによると、IQは170。邪藩 牛次郎のIQ400には流石に敵わないが、東京大学への進学を目指すだけあって中々高い。

  • デュエマ甲子園に出場した際は、ライフポイントは最初は65Pで9位、最終的には109Pで6位であった。

使用するデッキタイプは主に、/自然絡みの中速ビートダウン
漫画ではこのデッキで勝太を苦しめた。
アニメ「VS」では水のドラグハートを使用。「VSRF」では/テック団のデッキを使用。

漫画「VS」第11巻のオマケ漫画では小学校の卒業式の様子が描かれている。最初は強がって進学先を鼻にかけた様子を見せ、勝太、ぶっちゃけに憎まれ口を叩いていたが、すぐに本心を露わにして泣いて別れを惜しんでいた。

「ビクトリーV」以降のアニメシリーズでは《アクア・インテリジェンス 3rd G》などを切り札とした青単リキッド・ピープルを使用している。

「VS」では神秘の結晶龍をベースにドラグハートを搭載したデッキを使用し勝太に勝利。

  • 家族は全員東大卒業、先祖も東大出身とのこと。そのため、本人も東大を目指して勉強している。切札 勝太とのデュエマに敗北した際、背景では実在する東京大学の建築物(安田講堂)が崩れ落ちている。その際『東大敗北』とデカデカと書かれているが、彼はまだ東大の学生ではない。
  • 他にもアニメ『VSRF』第20話の監督が考えた今週のストーリー展開が貼り付けられたボードにはレナと破局する展開が用意されていたが、実現しなかった。
+  折りたたみ

戦績 [編集]

  • 通算成績:21戦7勝13敗1中断

アニメ「デュエル・マスターズ ビクトリーV3」 [編集]

アニメ「デュエル・マスターズVS」 [編集]

アニメ「デュエル・マスターズVSR」 [編集]

  • 通算成績:2戦1勝1敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    7話ぶっちゃけ勝利知識の水文明
    14話切札 勝太[2]敗北知識の水文明?

アニメ「デュエル・マスターズVSRF」 [編集]

  • 通算成績:3戦0勝3敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    13話コジロー敗北テック団!〜究極の2択〜
    37話切札 勝太テック団!〜志向の二択〜
    45話切札 ジョー青春リキッド・ピープル!

関連カード [編集]

+  関連カード

参考 [編集]

タグ [編集]


[1] この時は、ぶっちゃけヨーデルと共に挑んだ
[2] 洗脳された状態でデュエマをした