《キユリ <ワル.Star(スター)>》 [編集]

キユリ <ワル.Star> C 水文明 (3)
スター進化クリーチャー:スノーフェアリー/マジック・コマンド/レクスターズ 6000
スター進化:レクスターズまたは水のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、タマシードから進化していれば、カードを2枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。

DMRP-22で登場したスター進化スノーフェアリー/マジック・コマンド/レクスターズ

タマシードからの進化時限定のcipで2ドロー1ディスカードを行う。

本体はスター進化による耐性W・ブレイカーの付いた3マナ6000ブロッカー
《クリスタル・ブレイダー》が一回り大きくなった様なスペックであり、手札交換を発動させなくとも十分。

コスト3の進化コマンドのため、侵略元としての適性が非常に高い。【青黒緑デッドダムド】系統で考えると、初動の《ジャスミンの地版》辺りから進化するのが無難なところ。通常の侵略革命チェンジなどの手札誘発系を手札交換で引っ張り込んで《SSS級天災 デッドダムド》墓地肥やしできれば完璧。単体では淡泊なスペックを《超奇天烈 ギャブル》によるアドバンテージ稼ぎで補うのも1つの手。

1コスト上の《マニフェスト <マルコ.Star>》は一見比較対象のようでいて全く入るデッキが違う。コマンドの有無、ブロッカーの有無が違いとして特に大きく、《マニフェスト <マルコ.Star>》種族シナジーをあまり利用しない【赤青ドギラゴン閃】のようなデッキで役立つ。

寧ろ比較対象になるのは《超次元の王家》であろう。同じ手札交換付きコマンドとしてみると、あちらはスター進化が無いので革命チェンジにも利用可能であり、とりわけ《轟く革命 レッドギラゾーン》と組み合わせることができるのが大きい。また、2コストで肉体の残らない初動手札交換として使えるというのもこちらにはない強み。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]