【青黒赤緑レッドギラゾーン】 [編集]

【青黒赤緑ヴァイカー】の基盤を維持しながらそれをオリジナル仕様に構築し直したワンショットデッキ。

いわゆる【4色レッドギラゾーン】。【4色ハキリ】とも。

単に【青黒緑デッドダムド】《轟く革命 レッドギラゾーン》などのタッチした型を【4色レッドギラゾーン】とかつては呼ぶことがあったが、現在はそのようには呼ばない。

葉鳴妖精ハキリ VR 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000+
相手のターン中、このクリーチャーのパワーを+4000する。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つクリーチャーを1体、コストを支払わずに自分の手札から召喚してもよい。
轟く革命 レッドギラゾーン SR 水/火/自然文明 (7)
クリーチャー:ソニック・コマンド・ドラゴン/革命軍 11000
革命チェンジ:水、火または自然のコマンド(自分の水、火または自然のコマンドが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
W・ブレイカー
自分のコマンドはすべて「スピードアタッカー」と「マッハファイター」を持ち、ブロックされない。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、自分の他のクリーチャーをすべてアンタップする。

主要カード [編集]

《葉鳴妖精ハキリ》盤面補強の要
《轟く革命 レッドギラゾーン》打点補強、ブロッカー対策
《SSS級天災 デッドダムド》打点補強、除去シスクリ対策からコントロールプランまで

候補カード [編集]

《桜風妖精ステップル》クリーチャーの残る2コストマナブーストとしては王道
《リツイーギョ #桜 #満開》大量展開メタ
《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》コスト踏み倒しメタ
《樹界の守護車 アイオン・ユピテル》相手プレイヤー攻撃不能の2コスト4000コマンドマッハファイター
《瞬閃と疾駆と双撃の決断》盤面・打点補強、SA付与
《天災 デドダム》3コストでマナ墓地手札を1枚増やし、コマンドが残る
《眼鏡妖精コモリ》5枚目以降の《天災 デドダム》
《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》手札補充、打点、除去
《“乱振”舞神 G・W・D》コスト踏み倒しメタ対策
《奇天烈 シャッフ》宣言コストへのプリン効果、宣言コストの呪文ロック
《単騎連射 マグナム》クリーチャー防御札を原則全てロック
《生命と大地と轟破の決断》マナからの踏み倒し、疑似MF付与。マナブースト効果はほぼ選択しない
《熱き侵略 レッドゾーンZ》主にシールド焼却が目当て
《影速 ザ・トリッパー》マナタップイン&SA
《超次元の王家》手札交換付き侵略元。初動手札交換として使えるのも当然のこと、素で2打点にもなる
《超奇天烈 ギャブル》打点補強、呪文横取り
《ブランド-MAX》打点補強。条件次第で無限アタッカーにも
《一王二命三眼槍》打点ワンショット失敗時の保険

このデッキの回し方 [編集]

一例は以下の通りである。

《葉鳴妖精ハキリ》を立ててからリソースクリーチャーで準備を整えつつ、《葉鳴妖精ハキリ》の能力で展開。

準備が出来次第侵略や革命チェンジで一気にワンショットを行い、《奇天烈 シャッフ》で雑に呪文防御札をケアする。ワンショットに失敗しても《影速 ザ・トリッパー》などのメタカードで相手を牽制すると良い。

《轟く革命 レッドギラゾーン》によるマッハファイター付与《SSS級天災 デッドダムド》《“乱振”舞神 G・W・D》での除去を活かしたコントロールプランも存在する。《“乱振”舞神 G・W・D》によるバトル勝利時ドローは自分のクリーチャー全体が対象なので、《轟く革命 レッドギラゾーン》によるマッハファイター付与と相性が良い。

《天災 デドダム》《眼鏡妖精コモリ》《“乱振”舞神 G・W・D》などで大量にリソースを稼いで《単騎連射 マグナム》にアクセスして安全にフィニッシュするルートもある。

長所 [編集]

召喚扱いのコスト踏み倒しが展開方法の主体なので、プレイングと引き次第では《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》などの召喚以外で出すことを規制するコスト踏み倒しメタを貫通することができる。

手札補充の手段がそこそこあるので、生半可なハンデスなら挽回可能。

《轟く革命 レッドギラゾーン》以外にも《SSS級天災 デッドダムド》《超奇天烈 ギャブル》でもワンショットできるため、勝ち筋が広い。

《葉鳴妖精ハキリ》によるコスト踏み倒し手札から行われるものであり、さらに《SSS級天災 デッドダムド》《轟く革命 レッドギラゾーン》への侵略革命チェンジも手札から行うことができるため、《とこしえの超人》1体では止まりにくい。何なら対策の除去札として《“乱振”舞神 G・W・D》を入れるという手もある。

マナが伸びれば《超奇天烈 ギャブル》《一王二命三眼槍》といった5コスト帯ぐらいは普通に《葉鳴妖精ハキリ》で展開可能。

《熱き侵略 レッドゾーンZ》《奇天烈 シャッフ》のおかげで比較的安全に詰めることが可能。問題は《熱き侵略 レッドゾーンZ》を如何に手札に引っ張り込むかだが、《超次元の王家》《天災 デドダム》のおかげで案外そこそこの高確率で殿堂入りである《熱き侵略 レッドゾーンZ》を引き当てることができる。

短所 [編集]

キーカードの《葉鳴妖精ハキリ》は2コストなので、とにかくパワーではなくコストを参照するカード指定除去に弱い。

《桜風妖精ステップル》除去されてデメリットを晒すパターンもキツイ。

2コストや3コストに重要なカードが集中している。そのため、《奇天烈 シャッフ》プリン効果を意識しないと、先置きしたクリーチャーが簡単に足止めされてしまうことも。

環境において [編集]

DMRP-19《ベイB セガーレ》を獲得。

2022年1月1日殿堂レギュレーションを機に、一定数環境での入賞報告が為された。

DMEX-18最末期には【青黒赤緑レッドギラゾーン】というよりも《葉鳴妖精ハキリ》《SSS級天災 デッドダムド》のへの侵略に寄せた4色型が上位入賞した。デッキの6割ほどを既存の基盤として利用した代わりに《天災 デドダム》などの文明を含む手打ち用カードをカットし、《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》《超次元の王家》などの火の優秀な初動を取り入れた上に、《ガル・ラガンザーク》対策兼ワンショットパーツの《弩闘!桃天守閣》を投入した【青赤緑バイク】(【レッドゾーン】基盤ではない)という派生形も入賞している。

DMRP-21期には《桜風妖精ステップル》を採用することで3ターン目に《超奇天烈 ギャブル》を召喚扱いで出せるようにした型が流行。

DMBD-19DMBD-20期には《ブランド-MAX》で打点補強したり《一王二命三眼槍》の敗北回避能力で雑にワンショット失敗時の保険を掛けたりする型が流行。

参考 [編集]