爆龍皇(ばくりゅうおう) ダイナボルト》 [編集]

爆龍皇 ダイナボルト KGM 光/火文明 (7)
クリーチャー:ダイナマイト・ドラゴン/チームボンバー 9500
スピードアタッカー
W・ブレイカー
<W・マジボンバー>6(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から2枚を見る。コスト6以下のクリーチャーを2体まで、その山札の2枚または自分の手札から選び、バトルゾーンに出す。見た山札の残りを好きな順序で山札の一番上に戻す)

DMRP-14にて登場した/ダイナマイト・ドラゴン/チームボンバー

攻撃時、W・マジボンバー6で一気に展開出来るという、単純かつ強力な能力を持ち、スピードアタッカーなのでタイムラグもなく即座に発動できる。

一方、このクリーチャーのコストは7と決して軽くなく、自身のマジボンバーで踏み倒せないのが弱点。
さらに、ビートジョッキーでないため《“必駆”蛮触礼亞》では踏み倒せない。丁度DMEX-11で再録された《ドラゴンズ・サイン》等で踏み倒そう。

W・マジボンバー6での踏み倒し先候補は、チームボンバー内ならスピードアタッカー+マジボンバーを持つ《DORRRIN・ヴォルケノン》等や、自身をアンタップしてさらなる踏み倒しを狙える《巡巡-スター》デザイナーズコンボを形成している《電龍 ヴェヴェロキラー》あたりか。
勿論コスト6以下以外の制限はないため、かなりの数のクリーチャーが候補に入る。
また、コスト7なので《DOOOPPLER・マクーレ》などのマジボンバー7を持つクリーチャーで出すことができる。

進化クリーチャーも踏み倒せるので《聖霊龍王 アルカディアスD》《バジュラ・ザ・スター》などを呼び出しても面白い。

ここまでコストが重めなクリーチャーを2体出せるとなると何かすごいコンボを考えたくなるだろうが、無理にコンボを決めなくても、3、4コスト程度のクリーチャーを2体出すだけでも十分強力なため、デッキのバランスの安定を考えるなら、むしろウィニーを多めに入れても問題はないだろう。

  • また、2体展開するだけなら近いコスト帯に《バーンメア・ザ・シルバー》も存在する。だがそちらはこのクリーチャーの踏み倒し圏内なのでいっその事同じデッキに入れてみるのも面白いだろう。

他のカード・デッキとの組み合わせ [編集]

《龍星装者 “B-我”ライザ》 [編集]

ドラゴンなのでそちらでのコスト踏み倒しが効くが、やはりビートジョッキーサポートが受けられないことと素のコストが高くウィニー攻撃した際にこのカードが捲れてそちらの能力が不発に終わる恐れがあるため、実際に【“B-我”ライザ】に採用されるかどうかは微妙。

【5色ドギラゴン剣】 [編集]

このカードから《Mの悪魔龍 リンネビーナス》+αを呼び出せば、1ショットキル打点形成などすぐである。このカード自体多色なので多色マナ武装のサポートになる。《三つ星鉄人 ミシュラ》革命チェンジしてW・マジボンバー先を補充したりファイナル革命持ちをサーチしたりするのも良い。
また、このクリーチャー自身が火文明と光文明のコスト5以上のドラゴンであるため、攻撃時に蒼き団長ドギラゴン剣に革命チェンジをすることで、多色のクリーチャーを最大で5体まで踏み倒すことも可能(ドギラゴン剣のファイナル革命の効果で、2コストの多色クリーチャーを3体踏み倒した場合に限る)。
この時、ダイナボルトの革命チェンジ先を蒼き団長ドギラゴン剣ではなく時の法皇ミラダンテⅫにすることで、相手のコスト7以下のクリーチャーの召喚を封じつつも自軍はダイナボルトのWマジボンバーにより更なる打点増加が望めるため、このデッキを構築する際にはMの悪魔龍リンネビーナスとの相性もいい《水晶の記憶ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》などを搭載し、それぞれ≪殿堂入り≫のカードであるこれらの革命チェンジ先を確定でサーチできるようにひと工夫するのも面白いだろう。

《百族の長 プチョヘンザ》 [編集]

このカードで攻撃する時に、そちらの革命チェンジ→そちらのファイナル革命→こちらのW・マジボンバーという順番で処理すれば、相手の盤面だけ吹っ飛んでこちらの盤面にはクリーチャーが並ぶという状況が発生する。そちらを含めた1ショットキル打点を作ったついでに相手にタップインを強要できると聞けばその凄さが分かるだろう。

【NEXミラダンテ】 [編集]

このクリーチャーの展開力のおかげで《時の法皇 ミラダンテXII》革命チェンジしたターン中に1ショットキルできるという利点がある。

【グレンモルト】 [編集]

龍解剤が並ぶので相性が良い。だがしかしこのカード自体が白赤なので、ここから自然以外の文明は足しづらいだろう。

《凶鬼33号 ブスート》 [編集]

このクリーチャー破壊して出し直せば攻撃をキャンセルしつつW・マジボンバーの再利用を行うことができる。ただし、手札から出す場合はW・マジボンバーを再利用する分だけ手札消費が激しくなるのには注意。

《超竜バジュラズテラ》 [編集]

2ターン目《メンデルスゾーン》→3ターン目《ドラゴンズ・サイン》着地させ、W・マジボンバーでcipで3枚以上マナブーストできるクリーチャー(《龍仙ロマネスク》が望ましい)と《蒼狼の王妃 イザナミテラス》を呼び出せば、3ターン目にして《超竜バジュラズテラ》が場に出る。ただし手札の枚数の都合上、先攻の場合W・マジボンバー先の内1体が山札の上から2枚の範囲になければならない。

その他 [編集]

アニメ・漫画において [編集]

環境において [編集]

超・十王2ブロック構築環境では【白赤緑バーンメアジョーカーズ】【白赤緑ダイナボルト】を中心に使われている。このカードで展開するための手札ブレイクによって増えること、5ターン目から6ターン目での決着がキルターンの基準になることから、同環境は後攻有利とまで言われる。

背景ストーリーにおいて [編集]

《“魔神轟怒”ブランド》《フライパン・マウンテン》の火口から引き揚げたドラゴンの卵が孵化したクリーチャー。光速の機動力が武器。
必殺技は《ダイナボルト・ブラスター》
暴拳王国のマスターとチームボンバーのマスターの戦闘の最中、《剛力羅王 ゴリオ・ブゴリ》の放った攻撃が卵に命中し、その衝撃でこのクリーチャーが誕生した。
凄まじいスピードで暴拳王国のマスターを圧倒し、撤退に追い込んだ。
その後も《ゴリオ・ブゴリ》とは3度に渡って激突している。
情に厚く、《聖板龍 ジークシュトルツ》が《ゴリオ・ブゴリ》の自由意思を奪い操っていた事に気付いた際は激怒し、《ジークシュトルツ》を瞬殺した。

  • 新章以降の世界では初めての天然モノのドラゴンである。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《爆龍皇 ダイナボルト》の「W・マジボンバー」で、手札と山札の両方から1体ずつクリーチャーを出すことはできますか?
A.はい、できます。
引用元(2020.6.26)

Q.《雷龍 ヴァリヴァリウス》の「マジボンバー」で手札から「EXライフ」を持つクリーチャーを出す場合、山札のどのカードがシールド化しますか?
類似例:《爆龍皇 ダイナボルト》の「W・マジボンバー」
A.「マジボンバー」で見ているカードではなく、その下の、山札の上から2番目のカードがシールド化します。
引用元(2022.4.22)