雷龍(らいりゅう) ヴァリヴァリウス》 [編集]

雷龍 ヴァリヴァリウス SR 光/火文明 (8)
クリーチャー:ニトロ・ドラゴン/チームボンバー 11000
バトルゾーンに自分のクリーチャーがなければ、このクリーチャーの召喚コストを3少なくする。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
<マジボンバー>7(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見る。その後、コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の手札または山札の上から、バトルゾーンに出してもよい)
このクリーチャーの攻撃の終わりに、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドゾーンに新しいシールドとして置いてもよい。

DMRP-14にて登場した/ニトロ・ドラゴン/チームボンバー

自分のクリーチャーがいなければたった5コストで召喚できるが、コスト軽減の条件が条件なので、召喚するまでに自分のクリーチャーの展開を抑えなければいけず、2体目以降を軽減して召喚するのも難しい。また、《ドラゴンズ・サイン》の踏み倒し範囲外なのも少々痛い。

マジボンバー攻撃終了ステップシールド追加を行う2種の能力は、展開と守りを両立できるだけでなく、よく噛み合っている。
まず、マジボンバー山札の上を確認出来る為、山札の上からコスト踏み倒ししなければシールドゾーンに置かれるカードを知ることができる。
山札の上呪文や高コストクリーチャーだった場合に、それをシールドに送ることで、次のマジボンバーの成功確率を上げることも可能。
マジボンバー先を手札から選んでも、山札から選んでもアドバンテージを取れるので、状況に応じて適切な方を選んでいこう。

ドラゴンの為、《メンデルスゾーン》で2マナ加速に成功すれば、綺麗に繋がる。文明なので《フェアリーの火の子祭》にもしっかり対応。
採用されるなら、このクリーチャーを中心にした少数精鋭型のドラゴンデッキが考えられるだろう。

しかも、/の5コスト以上のドラゴンなのでこのカードの登場時点でのすべてのファイナル革命持ちクリーチャーに革命チェンジ可能。マナ加速とこのカード自身のコスト軽減効果とあわせ、早期のマジボンバー7と同時に《蒼き団長 ドギラゴン剣》《時の法皇 ミラダンテXII》が登場すればそのまま試合が終わりうる。

《蒼華の精霊龍 ラ・ローゼ・ブルエ》との相性は最高であり、1回のアタックでクリーチャー1体とシールド2枚の追加が同時に行える。

非常に高スペックなグッドスタッフカードなので多くのデッキで活躍できる。

【8軸ガチロボ】の強化札にもなる。そちらでの踏み倒し対象はほぼ《ガチャンコ ガチロボ》のみだが、5コストで《ガチャンコ ガチロボ》を実質1マナ軽く出すことができる。山札の上のカードが《ガチャンコ ガチロボ》であれば、それを踏み倒して事故の防止につなげることも可能。

展開系能力を持つ多色の8コストドラゴンということで【5色ジャックポット・エントリー】にも適している。このカードで《最終龍覇 グレンモルト》を呼び出し、さらにそちらが装備した《爆銀王剣 バトガイ刃斗》で連鎖的に並べられる。このカード、《最終龍覇 グレンモルト》、《爆熱王DX バトガイ銀河》の3枚を用意すれば、【5色ジャックポット・エントリー】であっても4ターン目から1ショットキルを行える。但しクリーチャーを展開するのに攻撃が必要なので、コントロール戦術に反する無用なブレイクを避けるにはタップした相手のクリーチャーがいるタイミングで召喚したいところ。

ルール [編集]

環境において [編集]

主戦場は2ブロック構築環境

DMEX-15発売から1週間ほど前のオリジナル環境ではこれを軸にした【5色コントロール】が一定数入賞した。EXライフ持ちの活躍によりこのカードによるシールド追加が再評価され、採用につながった面もある。ミラーマッチでは《ドンドン火噴くナウ》《天災 デドダム》辺りが除去されて盤面が更地になった場合などの返しに役立つ。DMRP-18発売1週間前の時点では、オリジナル環境のトップに立った。

DMBD-16DMBD-17期に入る前までのアドバンス環境ではこれを採用した型の【白赤緑ドギラゴン閃】が主流であった。

その他 [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]