爆龍覇(ばくりゅうは) リンクウッド/「お(まえ)相手(あいて)はオレだ、ザ=デッドマン!」》 [編集]

爆龍覇 リンクウッド P(UC) 火文明 (2)
クリーチャー:ヒューマノイド爆/ドラグナー 2000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがドラグナーまたはドラゴンなら、手札に加える。
「お前の相手はオレだ、ザ=デッドマン!」 P(UC) 火文明 (4)
呪文
自分のクリーチャーを1体選ぶ。その後、自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つ、コスト4以下のドラグハート・ウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンから、その選んだクリーチャーに装備して出す。

DMBD-14にて登場したヒューマノイド爆/ドラグナーツインパクト

クリーチャー面は山札の一番上を対象にしたドラグナーおよびドラゴン指定の手札補充cipで行う。
火文明という手札補充が苦手な文明ながらパワーは2000ある。

マナブーストを行わないクリーチャー面は、《龍覇 グレンモルト》召喚する場合と異なり6マナまで伸ばす必要が無く4マナあれば動ける呪文面とシナジーを持つ。

呪文面は自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つドラグハート・ウエポン踏み倒し
退化などの特殊な手段を用いずにドラグナー以外のクリーチャーにもドラグハート・ウエポン装備させられる。

ウエポン面の効果だけで考えてもアタックトリガー持ちにはスピードアタッカー化や2回攻撃効果付与、バトルによって能力を発動するクリーチャーにはアンタップキラー付与や効果バトル、システムクリーチャーには様々な種類の耐性の付与、墓地やマナからの踏み倒し等、果てしない自由度と対応力を秘めている。

2ターン目に《桜風妖精ステップル》などのクリーチャーが残るマナブーストや《ラブ・エルフィン》などの呪文コスト軽減を立てて、3ターン目にこのカードの呪文面を使い《邪帝斧 ボアロアックス》を出せば、マナから自然のコスト5以下のクリーチャーを2体出せる。

上記に加えて、1ターン目に適当なウィニーを立てておくことで《熱血星龍 ガイギンガ》への龍解を狙う型を作っても悪くない。

最軽量のドラグナーでもあるため、背景ストーリーで敵対しているはずの《龍覇龍 デッドマン=ザ=オリジン》ともすこぶる相性が良い。
cipで《デッドマン=ザ=オリジン》を手札に加えつつ、次のターンで侵略が出来る。
殿堂入りだが《暴龍警報》G・ゼロで唱えることができるため、相性がいい。
上記の《デッドマン=ザ=オリジン》に加え、スピードアタッカー付与で即座に侵略革命チェンジができる。

《龍装艦 チェンジザ》での詠唱範囲内であるのもプラス点であり、クリーチャー面で《龍装艦 チェンジザ》を手札補充できるというのもある。

  • 背景ストーリーで敵対しているカード同士の相性がいいというのは今に始まった事例ではないが、こちらはカード名からして《デッドマン》に宣戦布告をしてしまっている。

環境において [編集]

登場早々【連ドラグナー】の一員として環境で活躍するに至った。

2ターン目に初動としてポン置きし、3ターン目に《爆龍覇 ヒビキ》と共に《龍覇龍 デッドマン=ザ=オリジン》侵略するのが【連ドラグナー】における良い動きの1つ。

【赤白カメカメン】が成立すると呪文面を目当てに採用されるようになった。

白赤構築の【BUNBUN・ヴァイカー】のサブフィニッシャー呼び出し要員としても結果を残した事例がある。

王来篇環境では《銀河大剣 ガイハート》リクルート目当てに【ドギラゴン閃】系列で使われる場合もある。DMRP-19期には《仙祖電融 テラスネスク》との組み合わせを取った【青赤緑ドギラゴン閃】チャンピオンシップ準優勝の実績を残した。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]