奇跡(きせき)精霊(せいれい)ミルザム》 [編集]

奇跡の精霊ミルザム SR 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 11000
ブロッカー
ウルトラシールド・プラス−このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を上から5枚まで、裏向きのまま、自分のシールドいずれかひとつの下に置いてもよい。
W・ブレイカー
※プレミアム殿堂

DM-29で登場した大型エンジェル・コマンド

cip能力でウルトラシールド・プラスが誘発し、自分のシールドを、1枚からなら一気に6枚重ねにできる。追加枚数は任意なので4枚以下の枚数を足すこともできる。

の大型ブロッカーなので【ヘブンズ・ゲート】ではよく使われる一枚。
ウルトラシールド・プラスを使えば、単純計算でデュエル開始時の2倍の枚数のカードがシールドゾーンに置かれる。そのため、格段にS・トリガーがめくれる確率が上昇する。それを考慮しなくとも、ブレイクされれば6枚もの手札補充ができるため、まさにシールド1つが勝負を決めかねない爆弾に変貌してしまう能力と言える。

6枚重ねになれば《ミルザム》を呼び出せる《ヘブンズ・ゲート》が含まれる確率もかなり上昇するので、ビートダウン相手には非常に心強い。同時に手札に加わったシールドカードブロッカーがいれば、それを出すこともできる。

《ヘブンズ・ゲート》で同時に呼び出せる《音感の精霊龍 エメラルーダ》《神託の精霊アルメリック》との相性は格別。カードの束を能動的に手札に加えれば、爆発的なアドバンテージを得られる。特に《音感の精霊龍 エメラルーダ》は、cipで好きなシールドを即暴発させられるので必ずと言っていいほどセットで使われている。(>【アルメリック天門】【暴発ミルザム】)

マナ武装を達成した《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》を出せば自分のクリーチャーS・トリガーになるので、あらかじめ出しておけば大量展開が期待できる。
他には《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》とも相性が良く、組み合わせれば相手を5体フリーズできる。

【速攻】のようなビートダウンの天敵となる一枚。たとえ殴りきられる寸前でも、シールドが1枚でも残っている時に《ヘブンズ・ゲート》《デジロン》などからこのカードをバトルゾーンに出せれば、勝率を大幅に上げることができる。

天敵は《不敗のダイハード・リュウセイ》《冥府の覇者ガジラビュート》《超銀河竜 GILL》などのシールド焼却シールド墓地送りにされてはS・トリガーを使うこともできない。変わったところでは《超次元の手ホワイト・ブラックホール》などシールドを入れ替える能力にも注意。

やはり《神託の精霊アルメリック》《音感の精霊龍 エメラルーダ》などと組み合わせて速やかに暴発させてしまうのが大切である。

【ヘブンズ・ゲート】では膨大なアドバンテージの可能性を秘めた強力なカードである。

環境において [編集]

登場時から《星龍の記憶》《暴発秘宝ベンゾ》を利用した暴発コンボが注目されていたものの、コンボパーツの多さや《ソウル・アドバンテージ》の流行でファンデッキの域を出なかった。

【暴発ミルザム】は2009年9月11日のルール改正により弱体化した。シールド・プラスしたシールドがブレイクされその中から《星龍の記憶》が出ても、同時にブレイクされた他のカードは《星龍の記憶》によってS・トリガーを得ないことになったため。

覚醒編【アルメリック天門】が成立するとようやく【ヘブンズ・ゲート】と合わせてまともに評価されるようになった。

ドラゴン・サーガ環境【白単天門】が成立すると一転して膨大なアドバンテージを稼げる主要ブロッカーとして飛躍した。【ドロマー天門】ではこのカードを活かして《真・龍覇 ヘブンズロージア》などを横に並べてから《魔天降臨》して最後に殴る型が主流であった。

相性の良い《音感の精霊龍 エメラルーダ》の登場もあり、再録の声が高まっていたところに丁度DMX-19で再録された。ドラゴン・サーガ後期から【ヘブンズ・ゲート】系統が結果を残すことが多くなり、それらのデッキでもミルザムエメラルーダのギミックが用いられていることが多い。

革命編環境では即死コンボに特化させた【天門ループ】で大ブレイクした。当時の【天門ループ】《単騎連射 マグナム》を考慮しなければ当時全盛を極めた【レッドゾーン】に圧倒的な有利が付き、しかも《単騎連射 マグナム》ですらも《生死の天秤》《オリオティス・ジャッジ》で除去することが十分できた。

《音感の精霊龍 エメラルーダ》とのシナジーが異常なアドバンテージを生む為か、2016年2月28日付で殿堂入りが決定した。環境上位に現れる【ヘブンズ・ゲート】のほぼ全てがこの2体のコンボによってループを発生させるためのデッキとなり、従来の形からかけ離れてしまったことを考えるとやむを得ない処置といえるだろう。しかし1枚制限となってもなお革命ファイナル環境でループの中核を担い続けたため、2017年2月26日付で更に繰り上がって、《天雷王機ジョバンニX世》共々史上初の光文明単体でのプレミアム殿堂となった。FTが示す最強の精霊の名は決して誇張などでは無かったのである。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

漫画・アニメでの活躍 [編集]

その他 [編集]

  • 「ミルザム」とはおおいぬ座のβ星である。「シリウス」、「アルドラ」と同じ星座にある。
  • スーパーレアの例に漏れずイラストがフレームから飛び出している。だが、DM-29版のカードでは、他のスーパーレアには見られない影がテキスト欄に部分に描かれており、それまでのスーパーレアに比べて格段に立体感が増している。
  • DMX-19以降の再録では、シールドそのものは「ひとつふたつ…」と数え、そのシールドを構成するシールドカードの枚数を「1枚2枚…」と数える方式に統一されている。他には従来版にあった「(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)」という注釈文は削除された。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

奇跡の精霊ミルザム SR 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 11000
ブロッカー
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚をシールド化する。(シールドゾーンの上限を超えるなら、上限に達するまでシールド化する)
バトルゾーンを離れた時、自分のランダムなシールド5つを手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
W・ブレイカー

DMPP-10EXで実装。
元がプレミアム殿堂だったことと、デュエプレではシールド・プラスの実装が避けられていることから、大幅に変更が加えられた。

cip《インビンシブル・オーラ》を超える5つものシールド追加を行う。S・トリガーで唱えた《ヘブンズ・ゲート》から発動すれば、一気に形勢逆転が狙えるだろう。
攻撃側がこのシールド追加をケアするには、リーサル+余剰5打点で殴り始めるか、アタックトリガーで《ミルザム》を除去できるクリーチャーをダイレクトアタック要員に残すプレイングが強いられる。

離れた時効果は、《黙示聖獣カラドリウス》のように、cipの真逆のことを行う。
シールド追加を防御として見るのなら、このシールド回収はデメリットなので、進化させてキャンセルを狙いたい。

特に、序盤から中盤にリーサルの打点を揃えられてしまうと負けが濃厚になっていた《聖霊王アルファディオス》の強化になっている。
9→10とコストが連続している上、エンジェル・コマンドなので共通して《聖騎士ヴォイジャー》コスト軽減を受けられる。

  • 一見すると、5つのシールド回収はデメリットにも思えるかもしれないが、実際には《デーモン・ハンド》などで除去されたとしても「X→(X+5)→X」という動きをするだけなので、《ミルザム》を出す前より守りが薄くなるわけではない。対コントロールであっても、除去しなければリーサルが遠のくが、除去したら遅効性の実質5ドローを許してしまうアタッカーとしての運用に期待ができる。
    • 光文明だけだと難しいが、別の文明を入れて能動的にバトルゾーンから離れさせればドローソースとしても使える。シールド残数が10のときに発動させれば、安全に5ドローとなる。
  • 複数体並べる際には要注意。シールドの最大枚数は10枚であるため、2体以上の《ミルザム》を同じターンで除去されるとS・トリガーを使うことなく無防備な状態になってしまう。
  • ヒラメキ・デュエルでは使用禁止カードに指定された。シールドを5つも追加しつつ、ほぼ無条件で回収のデメリットを消せてしまうからであろう。

環境において [編集]

DMPP-10EX期に【ボルフェウス・ヘヴン】等で使われた。一方で、DMPP-10期にほとんど使われていなかった《熱刀 デュアル・スティンガー》が、S・トリガー《ヘブンズ・ゲート》で出してシールド追加させた《奇跡の精霊ミルザム》に刺さるという理由で、赤入りビートダウンで採用されることが多くなった。

ロマノフカップ(All Division)では、《奇跡の精霊ミルザム》を進化元にしてシールド回収効果をキャンセルできる《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》《超神星ネプチューン・シュトローム》を採用したデッキが結果を残した。

DMPP-11の中期(DMPB-02, DMPS-04, DMPS-05実装後)、New Divisionでは《ヘブンズ・ゲート》が使えなくなった。
コスト9は基本的にコストを支払って使いたくないため、実質このカードも活躍の場が損なわれた。

DMPP-12では、New Division《ヘブンズ・ゲート》に続き《聖騎士ヴォイジャー》も使えなくなった。
一方、《ヘブンズ・ゲート》を使わずに踏み倒せる《エンペラー・キリコ》と相性がよく、さらに《神歌の星域》で《奇跡の精霊ミルザム》の上に《聖霊王イカズチ》を重ねる新たなキャンセル手段も獲得した。別のデッキとなるが《神羅サンダー・ムーン》/《羅月サンダー》もキャンセルとして使える。

DMPP-13では《白騎士ゲート》が登場したので対ビートダウンにカウンターができる可能性を取り戻した。第7回BATTLE ARENA準優勝の【白騎士】にも採用されていた。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-29
    神の座に最も近き、最強と謳われし、2体の精霊。それがシリウスとミルザム。
  • DMC-50DMC-66
    天を満たす神秘という名の奇跡、それをコントロールする者がミルザムなり。
  • DMX-19
    奇跡は起こらないから奇跡。そんな戯言を誰もが信じていた。ミルザムのことを知るまでは。
  • プロモ(P11/Y14)
    奇跡は起きるものではない、起こすものだ。
  • DMPP-10EX
    全知全能の奇跡が、世界を変える!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]