【白青黒超次元】 (デュエプレ) [編集]

概要 [編集]

TCG版から存在する【超次元コントロール】の代表格である、の3文明で構築されたデッキ。タッチでが採用される場合もある。
サイキック・クリーチャーが実装されたDMPP-13から登場した。

TCG版と同様に【ドロマー超次元】、【白青黒(ドロマー)ハンデス】などとも呼ばれる。

基本的な構築・戦術はTCG版における覚醒編の【白青黒超次元】とほぼ同じだが、ハンデスカードの使い勝手が悪くなっており、序盤からハンデスによるロックは仕掛け難くなっている。
一方で、覚醒条件が変更された《時空の尖塔ルナ・アレグル》サイキック・クリーチャーの選択肢の一つに加わっており、フィニッシャーの1枚として活躍している。

王機聖者ミル・アーマ R 光/水文明 (3)
クリーチャー:グレートメカオー/イニシエート 3000
ブロッカー
自分の呪文を唱えるコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。
時空の尖塔ルナ・アレグル P 水文明 (7)
サイキック・クリーチャー:サイバー・ムーン 5000
自分のターン終了時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。
覚醒:自分のターン開始時、自分の墓地に呪文が6枚以上あれば、自分の墓地からすべての呪文を山札に戻してシャッフルする。その後、このクリーチャーを《要塞の覚醒者ルナ・アレグリア》のほうに裏返す。
覚醒後⇒《要塞の覚醒者ルナ・アレグリア》

主要カード [編集]

クリーチャー [編集]

《王機聖者ミル・アーマ》呪文コスト軽減役。優秀なクリーチャーだが、ブロッカーを持つため《コメット・チャージャー》などで狙われる。
《氷牙フランツI世》呪文コスト軽減役。総合的には《ミル・アーマ》に劣るが、単文明やナイトである事、ブロッカーを持たない事がメリットになる。
《天雷の導士アヴァラルド公》呪文専門のドローソースナイト《時空の賢者ランブル》の覚醒に役立つ。
《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》ブロッカーナイトG・ゼロ条件を満たしやすい。

呪文 [編集]

《シークレット・クロックタワー》キーカードを探したり、デッキの下を確定させて《時空の賢者ランブル》の覚醒に役立たせるといった使い方ができる。
《ゴースト・タッチ》ハンデス呪文。セルフハンデスだが低コストなため墓地に置きやすく、《時空の尖塔ルナ・アレグル》の覚醒に役立つ。
《ジェニー・ダーツ》ハンデス呪文。多少のランダム性はあるがデュエプレではハイスペックなハンデスなため上手く使いたい。
《デーモン・ハンド》S・トリガー除去呪文。
《ホーリー・スパーク》S・トリガー呪文。
《魂と記憶の盾》低コスト確定除去呪文。《時空の雷龍チャクラ》の覚醒条件と相性が悪いのが玉に瑕。

サイキック・クリーチャー [編集]

《時空の雷龍チャクラ》強力なフィニッシャーだが、【速攻】相手に腐る。《時空の精圧ドラヴィタ》の覚醒条件に含まれる。
《時空の精圧ドラヴィタ》覚醒はほぼできないが、《無限掌》の能力が【速攻】相手に、タップ能力がミラーマッチ時に役立つ。
《時空の尖塔ルナ・アレグル》TCG版から覚醒条件が変わり、呪文主体のデッキと相性が良くなった。
覚醒できれば低コスト呪文や《ブラッディ・シャドウ》で膨大なハンドアドバンテージを稼ぐ主力クリーチャーとなる。
《時空の賢者ランブル》《シークレット・クロックタワー》《天雷の導士アヴァラルド公》デッキボトムを確認できるので覚醒しやすい。
《時空の封殺ディアス Z》墓地利用対策にもなるフィニッシャー殲滅返霊が《ルナ・アレグル》の覚醒条件と相性が悪い。
《時空の霊魔シュヴァル》覚醒すれば、ビートダウンに優良。

超次元呪文 [編集]

《超次元ドラヴィタ・ホール》墓地の呪文を回収する。探索であるため信頼性はやや低い。
《超次元シャイニー・ホール》タップキルを狙う超次元呪文
《超次元エナジー・ホール》1ドローの超次元呪文
《超次元リバイヴ・ホール》墓地のクリーチャーを回収する。《ブラッディ・シャドウ》を回収するとG・ゼロで直ぐに召喚できる。
《超次元ミカド・ホール》パワー2000まで除去ができる超次元呪文《時空の封殺ディアス Z》を採用するなら必須。

その他の候補カード [編集]

《幽騎士ブリュンヒルデ》進化ナイト。除去呪文とタップキル《時空の封殺ディアス Z》の覚醒が狙える。
《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《王機聖者ミル・アーマ》《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》から進化できる。
《聖鎧亜キング・アルカディアス》
《エマージェンシー・タイフーン》ドローソース《時空の尖塔ルナ・アレグル》の覚醒速度を重視するなら採用候補。
《エナジー・ライト》基本的なドローソース
《ザ・ストロング・スパイラル》サイキック対策になるバウンス呪文。条件付きで1ドローもできる。
《魔弾バレット・バイス》ハンデスナイト呪文。ナイトシナジーを活用するなら採用候補。
《魔弾デュアル・ザンジバル》除去ナイト呪文。ナイトシナジーを活用するなら採用候補。
《魔弾プラス・ワン》シールドを追加するナイト呪文。《チャクラ》の覚醒に役立つ。
《執拗なる鎧亜の牢獄》火文明タッチ採用時の候補。ハンデスで手札を減らせばシールド焼却も狙いやすい。
《ローズ・キャッスル》【速攻】対策の。《ミカド・ホール》との相性も良い。
《時空の英雄アンタッチャブル》汎用低コストサイキック・クリーチャー群。
《時空の喧嘩屋キル》
《時空の踊り子マティーニ》
《時空の探検家ジョン》

このデッキの回し方 [編集]

《王機聖者ミル・アーマ》《氷牙フランツI世》を召喚して最速で《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》を覚醒させてビートダウンを仕掛けたり、
《シークレット・クロックタワー》《天雷の導士アヴァラルド公》でデッキボトムを確定して《時空の賢者ランブル》を覚醒、その後はタップキルハンデス呪文などで牽制してビートダウンする基本戦術はTCG版から変わらない。

TCG版と異なるのは、覚醒条件が変わった《時空の尖塔ルナ・アレグル》の存在である。
序盤に唱えた呪文で《ルナ・アレグル》の覚醒条件を満たせるので、《ゴースト・タッチ》などを序盤から積極的に多用して中盤に《ルナ・アレグル》を安全に覚醒させる戦術も可能となった。
《要塞の覚醒者ルナ・アレグリア》への覚醒と《王機聖者ミル・アーマ》の確保ができれば、手札の確保には困らなくなるだろう。盤面ではやりたい放題となる。

《ゴースト・タッチ》セルフハンデスとなったので、相手に《翔竜提督ザークピッチ》《蒼狼提督・M・ジェスティ》の利用を許してしまう。
特に《蒼狼提督・M・ジェスティ》呪文に対するコスト加重効果を持つため、【エンペラー・キリコ】に《ゴースト・タッチ》を迂闊に唱えるべきではない。

長所 [編集]

豊富なドローソース除去ハンデスを有するので長期戦には強い。

相手に応じてサイキック・クリーチャーを使い分けられるので柔軟な戦い方ができる。

短所 [編集]

呪文に頼りきりなので《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》などの呪文メタには弱い。

《王機聖者ミル・アーマ》《氷牙フランツI世》呪文コスト軽減役に依存しやすいので、ここを狙われると動きが鈍る。

ハンデスで相手の動きを妨害したとしても、《超天星バルガライゾウ》などのデッキトップ次第で形勢が逆転しうるデッキ相手にはどうしても不安が残る。

デッキの変遷 [編集]

DMPP-13期の実装当初、デュエプレ内のハンデスカードの使い勝手が若干悪いことからハンデスを主体とした【超次元コントロール】は使用率の低いデッキであった。
中盤以降は、《時空の尖塔ルナ・アレグル》《シークレット・クロックタワー》《ゴースト・タッチ》などの低コスト呪文の相性の良さが注目されて【白青黒超次元】のアーキタイプが徐々に周知されていった。
この頃は《氷牙フランツI世》を中心とした【ナイトコントロール】としての側面も持ち合わせていた。

DMPP-14では新たに《王機聖者ミル・アーマ》《ジェニー・ダーツ》、新規超次元獣・呪文を獲得した。
扱いやすい《超次元ドラヴィタ・ホール》《超次元ミカド・ホール》の登場や、《時空の封殺ディアス Z》殲滅返霊《時空の尖塔ルナ・アレグル》の覚醒条件の相性が悪いことから、デッキ構築の研究が求められる。

参考 [編集]