《カモン・ピッピー》 [編集]

カモン・ピッピー UC 火文明 (5)
クリーチャー:ファイアー・バード/ハンター 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►コスト3以下のファイアー・バード・サイキック・クリーチャーを2体まで、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
►コスト6以下の火のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

DMR-03で登場したファイアー・バード/ハンター

エキスパンションビクトリークリーチャー《流星のフォーエバー・カイザー》とその覚醒リンクをサポートするクリーチャー
cipファイアー・バードサイキック・クリーチャー2体か、コスト6以下のサイキック・クリーチャー1体を出すことができる。

特に呼び出されるクリーチャーの例として、次のカードが挙げられる。

コスト3以下のファイアー・バードサイキック・クリーチャー [編集]

コスト6以下のサイキック・クリーチャー [編集]

ルール [編集]

環境において [編集]

効果判明当初から《ゼロ・カイザー》との相性の良さが注目されており、大方の予想通りハンター軸のビートダウンで活躍を果たした。

《勝利のリュウセイ・カイザー》登場後は《次元流の豪力》とセットで【ギフトミランダ】に投入されていた。《次元流の豪力》と比べると「パワーが低いため《希望の親衛隊ファンク》で破壊される」「を含まない自然クリーチャーを呼び出せない」などややスペックが劣っているが、「《勝利のリュウセイ・カイザー》を早期に呼び出すことで、マナを縛りながら3打点を生成することができる」だけでも十分な強さであった。

そのため2013年6月22日付けで殿堂入り。ある意味《フェアリー・ギフト》および《勝利のリュウセイ・カイザー》の被害者とも言えるであろう。このクリーチャーは本来、《星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン》のサポートのためにデザインされたものであり、そちらにとっては完全にとばっちりである。

《次元流の豪力》は後にプレミアム殿堂となり、【ギフトミランダ】は消滅。

超天篇環境では《マリゴルドIII》で呼び出せることが活かされる形で【青赤緑ミッツァイル】に投入されるケースも見られるようになった。

サイキックの優位性の低下からか、2022年7月1日付で殿堂解除

解除時点で《鬼寄せの術》が存在しているため、殿堂レギュレーション下で【ギフトカモン】と同様の動きは取れる。使うとすれば【赤黒バクロ法師】における貯めるプランで使うことになるか。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • 漫画「ビクトリー」ではドラゴン龍が何度か使用している。

収録セット [編集]

参考 [編集]