《クイーン・オブ・ネイチャー》 [編集]

クイーン・オブ・ネイチャー VR 自然 (8)
クリーチャー:グランセクト 12000
シンパシー:自然のクリーチャー(このクリーチャーの召喚コストを、バトルゾーンにある自分の自然のクリーチャー1体につき1少なくする。ただしコストは0以下にはならない)
W・ブレイカー
自分の自然のクリーチャーすべてに「マッハファイター」を与える。
自分のパワー12000以上のクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがパワー12000以上のクリーチャーなら出す。それ以外ならマナゾーンに置く。

DMEX-19で登場した自然グランセクト

シンパシー自然クリーチャーの数だけコストが下がる。

自然クリーチャー全てにマッハファイター付与する常在型能力を持つ。

さらに、自軍のパワー12000以上クリーチャー山札の一番上がパワー12000以上のクリーチャーなら出し、それ以外ならマナゾーンに置くアタックトリガー付与する。

コスト踏み倒し能力を最大限に活かすにはパワー12000以上クリーチャーをデッキに多く投入する必要があるが、パワー12000以上クリーチャーの多くは高コストクリーチャーであるため、シンパシーを活かしづらくなる。《デスマッチ・ビートル》などのパワー12000以上で低コストクリーチャーもいるが、それらの多くは攻撃制限が課されており、マッハファイター付与およびコスト踏み倒し能力が使用できない。

そのため、あくまで《ハイパー・マスティン》《バードリアント》コスト踏み倒しで出る事に期待する運用とし、シンパシーに関しては大幅なコスト軽減を狙わず、コスト1,2程度軽減できれば十分、と割り切った方がよいだろう。ただし、コスト踏み倒しで出すことを前提とした運用をする場合、このカードと同様にマッハファイターを持ち、後続のコスト踏み倒しが行える《零獄接続王 ロマノグリラ0世》が競合相手となる。

大幅なコスト軽減を狙わずとも、《雪精 X-girls》《ボントボ》から自身のシンパシーも合わせてマナカーブが繋がる。

パワー12000以上の自然単色のクリーチャーということで【ゲイル・ヴェスパー】に適している。ただ【ゲイル・ヴェスパー】の場合はこれで展開補助しなくとも置き場に困るほどのクリーチャーを展開できるため、あくまで繋ぎ役として相手の盤面を取るために使うのが無難だろう。

収録セット [編集]

参考タグ [編集]