《アイアンラビットンボ》 [編集]

アイアンラビットンボ R 自然文明 (5)
クリーチャー:ディスペクター 5000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
マッハファイター(このクリーチャーは、出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
このクリーチャーは、すべての文明を持つ。

DM22-EX1で登場した自然ディスペクター

EXライフマッハファイターを持ち、バトルゾーンですべての文明を得る。

基礎スペックはコスト5パワー5000とやや貧弱寄りの平凡な物で、能力の方もEXライフによるシールド追加マッハファイターによる除去能力しか持っておらず少々物足りない。
しかし、単色かつコスト5であるためディスペクターの中でも《霊刑連結 ジゴク・パルテノン》と並んで最軽量であり、ササゲール等を絡める事で他のディスペクターよりも素早く召喚できる。

単体では貧弱なだが、このクリーチャーの本領はすべての文明を持つマッハファイターディスペクターであること。これにより、王来篇で登場したディスペクターアタック・チャンス呪文全てを場に出して即座に唱えることができる。
中でも、3色ディスペクター専用の「王秘伝」全てに対応するクリーチャーとしてはコストの低さから安定して最速展開が可能であり、非常に強力な呪文を序盤から同時詠唱することでアドバンテージを大きく稼げる。
手札マナ墓地などを整えて次のターンの動きに備えるだけでなく、破壊パワー低下で攻撃先のクリーチャー除去してこのクリーチャーの貧弱なパワーを補うサポートも可能である。

表にある通り、全文明を持つ耐性持ちクリーチャーであるため、文明指定進化進化元としての適性が高い。
特に《愛の無限オーケストラ》を始めとする超無限文明進化進化元としては優秀で、《虹速 ザ・ヴェルデ》同様1体で全を揃えて進化できる。
その視点で《ザ・ヴェルデ》と比較すると、マナから召喚できず侵略を含むコマンド進化にも対応しない分、上記アタック・チャンスとの組み合わせでより様々な展開が出来る。

総じて、単体では貧弱ながら優秀な対応サポートと様々な選択肢を持つ、まさにフレーバーテキストの通り「多くの可能性を持ったディスペクター」と言える。

ルール [編集]

その他 [編集]

名前の通り、釘(アイアン)・兎(ラビット)・トンボを合成して作り出されたディスペクター
現実世界(人間世界)の、クリーチャーでない生物同士を合成したためか、種族構成がディスペクター単体となっており、異色かつ唯一無二の存在となっている。

+  《龍魂珠》との関係
  • フレーバーテキストでは「すべての可能性を持つ」とポジティブな評価をされ、「王来大戦」終結後も生存していることが示されている。歴史に対する冒涜の意思から生まれたディスペクターであるが、今後は彼らも「歴史の一部」として語られていくのだろう。
  • デュエチューブのカード紹介の一環で紹介されたカード。「松本大先生から『カード化して欲しい』という要望があった」「タイミングによってはDMEX-19に入っていたかもしれない」と語られている。

漫画・アニメにおいて [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 3つ目の能力について

Q.《アイアンラビットンボ》は手札や墓地にある時もすべての文明を持ちますか?
A.いいえ、《アイアンラビットンボ》の能力はバトルゾーンにある間のみ効果を発揮します。手札や墓地にある時は、自然文明だけを持つクリーチャーです。
引用元(2022.10.28)