非公開(ひこうかい)ゾーン [編集]

ゲーム中、自由に確認ができないゾーンのこと。

非公開ゾーンのカードは何らかの能力を使わない限り見ることはできない。

以下のゾーンが該当する。

また、能力によって自他を問わず一時的、ないしは恒常的に公開される場合がある。例として表向きピーピングなどが存在する。
例えば、《鳴動するギガ・ホーン》cipで自分の山札を見たり、《解体人形ジェニー》cipで相手の手札を確認することが可能。

非公開ゾーンのカードを見ることで情報アドバンテージを得て、後のプレイングに活かしていくことは重要な戦略の1つである。

ゲームの際は覚えておきたい。

なお、「見せる」という指示のないカードをあえて見せるという行為は、厳密にはルール違反である。

たまに、ブラフ等の目的で相手の任意で手札を見せることは適正なプレイと思っている人がいるが、デュエル・マスターズ総合ゲームルールおよびデュエル・マスターズ競技イベント運営ルールには「不用意に見せてもよい」といった記述はどこにもない。
非公開情報を公開するプレイはただの利敵行為にすぎず、真剣勝負最中なら自主的に行うメリットは何も存在しない。それどころか共謀・買収や賭博行為によりあえて負けようとしているとみなされたりする恐れもある。

一方、カジュアルプレイなら違反による悪影響はささいなものであるため、ゲームを盛り上げるためなら厳密には誤りであってもそれが咎められることはないだろう。

デュエル・マスターズ競技イベント運営ルールでの定義 [編集]

3.10 非公開情報

 非公開情報とは、ゲームのルールやフォーマットが見ることを認めていないカードやその他のオブジェクトの表面のことである。

 マッチ、ドラフト、ゲーム開始前の手順の間、プレイヤーは自分のカードをプレイ面よりも上に保ち、非公開情報を他のプレイヤーに見られないように努力する義務がある。

ルール [編集]

  • 非公開ゾーンのカードは自由に確認することができない。ただし、何らかのカード能力を使って確認することはできる。
    • 一度公開されたカードであっても、非公開ゾーンにある間は見てはいけない。
  • 公開ゾーンから非公開ゾーンにカードを移動させる場合、公開ゾーンからなので相手は移動するカードを把握できる。
    • 例として《超神類 イズモ》で墓地のカードをシールドに追加する場合や、《フォーチュン・スロット》などで見せたカードを山札の下に置く場合は、それらのカードを確認できる。
    • ただし、一度に複数移動する場合、移動先でのそれらの順番を相手に教える必要はない。逆に、あえて教えてもルール違反ではない。
  • 《ドンドン吸い込むナウ》など、非公開ゾーンから非公開ゾーンへの移動の場合、移動するカード及びその順番を教えることはルール違反となる。
  • 手札を除き、非公開ゾーンのカードは勝手に並び替えることはできない。
    総合ルールにおいては、「山札シールド超GR内のカードを勝手に並べ替えてはいけない(意訳)」「他のゾーンのカードは、タップ・アンタップなどの状態をはっきりさせれば自由に並べ替えてよい(意訳)」と決められている。
  • 「手札を並べ替えてはいけない」というルールは存在しない。
    • 例えば、ランダムハンデス等で手札の特定のカードを選ばれないように、裏向きのままシャッフルするのはルール違反にはならない。

ゲームにおいて [編集]

その他 [編集]

  • 互いの墓地超次元ゾーンは公開情報なので、ゲーム開始時からいつでも好きなタイミングで確認できる。もちろん、相手のカードを手に取る際は一度断ってから丁寧に行うべきである。

関連用語 [編集]