凄惨なる牙(タスク・プロデュース) パラノーマル》 [編集]

凄惨なる牙 パラノーマル R 闇文明 (7)
クリーチャー:アウトレイジ 7000
W・ブレイカー
シールド・ゴー
このカードが自分のシールドゾーンに表向きであれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーすべてのパワーは-3000される。
※殿堂入り

DMR-10で登場したアウトレイジ

シールド・ゴーと、シールドゾーン表向きである限り相手クリーチャーパワーを3000下げる能力を持つ。

7コストの能力持ちクリーチャーとしては標準的なパワーを持ち、とりあえず表向きにシールドゾーンに置かれれば、パワー3000以下のウィニーの存続を許さない。《早撃人形マグナム》《突撃奪取 ファルコン・ボンバー》等のスピードアタッカーも、攻撃してくる前に全滅させられる。

とはいえ、このパワー低下能力は、中盤になるにつれて刺さらなくなっていくので、7コストであるこのクリーチャーをバトルゾーンに出してから破壊するという使い方は、あまりにも悠長と言わざるを得ない。

他のシールド・ゴー持ちのクリーチャーにも言えることだが、やはりバトルゾーンに出してからよりは、直接手札山札から表向きの状態で置いた方が圧倒的に手っ取り早い。特に、このクリーチャーのパワー低下能力は強力なため、ぜひ活用したいところ。

  • 複数体シールド・ゴーさせられれば効果は重複する。2体埋めればパワー-6000と《殲滅の覚醒者ディアボロス Z》をも上回る数値となり、4体埋めればパワーは-12000され殆どのデッキが機能停止してしまう。シールド・ゴーという条件の難しさが、これだけのパワー低下を可能にしたのかもしれない。
    • 殿堂入りにより、複数枚シールド・ゴーさせてロック範囲を広げる戦術はとれなくなった。

環境において [編集]

初出当時は、表向きにカードをシールドに置けるのは《驚異的陣形 アレキサンドライト》くらいに限られていたが、超天篇では《緑知銀 ダッカル》が登場し、十王篇では《「絶対の楯騎士」》《「雷光の聖騎士」》などの、シールド・ゴーとかなり相性のいいカードが登場した。
これらの新カードによって、最速で2ターン目、安定して4ターン目にこのカードによるロックをかけられるようになり、環境入りを果たすこととなった。(→【ダッカルパラノーマル】【白青ギャラクシールド】)
しかし、ウィニー主体のデッキに対して強いロック性能を発揮することが問題視されたためか、2020年12月18日に殿堂入りに指定された。アウトレイジからは3例目となる殿堂入り。

  • 次年度の王来篇で登場したスター進化クリーチャーやEXライフ持ちクリーチャーの除去耐性を貫通してしまう点も殿堂入りに指定された理由の1つだろう。

その他 [編集]

  • 名前の由来は映画「パラノーマル・アクティビティ」だろう。また「凄惨」と「生産(produce)」をかけている。
  • 「キング」第41話においてキラが使用。《「絶対の楯騎士」》の能力でシールドに置き、ゼーロJr.クリーチャーを殲滅させた。放映当時、既に《パラノーマル》は殿堂入りしており、かつ環境でも猛威を振るったガチ戦術に驚いた視聴者も多いだろう。

サイクル [編集]

DMR-10シールドゾーンに表向きである時に発揮する能力を持つシールド・ゴーサイクル。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《「剛力の火砲」》の「自分のカードをシールドゾーンに置いた時」の能力は、《凄惨なる牙 パラノーマル》などが持つ「シールド・ゴー」でシールドゾーンにカードが追加された場合にも発動しますか?
A.はい、発動します。「ギャラクシールド」のような「シールドゾーンに置く」と書かれた能力に限らず、シールドゾーンに新たなカードが加えられた場合はいつでも発動することができます。
引用元

Q.相手のシールドゾーンに、《凄惨なる牙 パラノーマル》が4枚表向きで置かれています。自分は《聖板龍 ジークシュトルツ》をバトルゾーンに出しました。《凄惨なる牙 パラノーマル》4枚によるパワーマイナス12000と、《聖板龍 ジークシュトルツ》の「無視する」能力は、どちらが優先されますか?
A.《聖板龍 ジークシュトルツ》の「無視する」能力が優先されます。その状況で《聖板龍 ジークシュトルツ》のパワーはマイナスされないので、破壊されません。(総合ルール 101.2)
引用元