裏斬隠(うらぎりがくれ) カクシ・レシピ》 [編集]

裏斬隠 カクシ・レシピ C 水文明 (4)
クリーチャー:スプラッシュ・クイーン/シノビ 3000
ニンジャ・ストライク2(相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが2枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなければ、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを山札の一番下に置く)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。

DMEX-12で登場したスプラッシュ・クイーン/シノビ

ニンジャ・ストライク2を持ち、cipで相手クリーチャー1体に次の自分のターンまでプリン効果付与する。
主に相手の後続を止める為の使用になるだろう。ニンジャ・ストライクに必要なマナ数も少なく、使い勝手では《光牙忍ライデン》に近い。

青赤系のビートダウンではブロッカーが複数体並んでいる場面への対策になるだろう。【クラッシュ“覇道”】でも素出しできる4マナまでは伸ばすのに苦労しないので、そちらにおける手札事故が起こった時の遅延札としても悪くはない。

環境において [編集]

クリーチャーアンタップにより即死打点を作るワンショット【我我我ブランド】が成立してしばらくしたDMEX-17期、正確には2021年11月初頭から、そちらに間に合う上に有効な防御札として使われるケースがそこそこ見られるようになり、11月中旬には4枚積み構築もざらになった。主に【青赤緑ドギラゴン閃】での採用が見られる。【赤黒バクロ法師】【ドギラゴン閃】にも刺さる。

その後流行は落ち着いたが、2021年12月下旬のオリジナルでは【JO退化】対策として需要が復活。

それからもDMEX-18終期に流行。《樹食の超人》【墓地ソース】【グルメ墓地ソース】)のフィニッシャーの主流が《反逆龍 5000typeR》に移行したため、そちらのデッキへの返し手として優秀。この頃には【青黒緑デッドダムド】での採用が目立つようになり、《樹界の守護車 アイオン・ユピテル》と共に採用して【我我我ブランド】対策を厚くした型も確認された。

DMBD-19DMBD-20期にも激増した【JO退化】対策として流行。

ルール [編集]

その他 [編集]

  • スプラッシュ・クイーンの命名ルールが「カクテルの名前のアナグラム」であることを考えると、このクリーチャーのカード名はカクテルの隠しレシピを暗示しているのだろう。
  • 《カシス・オレンジ》などに続き、もはや珍しくない少女型のスプラッシュ・クイーンである。スプラッシュ・クイーンが青年期かそれ以降の女性のようなデザインに限る時代はもはや終わったと言える。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]