《ギガボルバ》 [編集]

ギガボルバ UC 闇文明 (4)
クリーチャー:キマイラ 3000
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、誰も光のカードの「S・トリガー」を使えない。

DM-04で登場したキマイラ

S・トリガーを封じる常在型能力を持つ。
コスト4でパワー3000と、当時の基準のバニラ相当のパワーを備えているのも魅力的である。

ロックの対象は文明のみと限定的だが、各種スパークをはじめとして、単色が苦手とする《調和と繁栄の罠》全体除去《アポカリプス・デイ》等、封じることに旨みのあるS・トリガーは意外と多い。クリーチャーを並べてから一気にとどめを刺す際の補助としては非常に優秀と言える。
また、S・トリガー獣が初登場したのがDM-04であり、それを見越してか「光のカード」という文言となっており、基本的なS・トリガー防御札となる呪文はもちろん、それ以外のあらゆるカードタイプでも封じることができる。
《クイック・ディフェンス》《Dの牢閣 メメント守神宮》《SMAPONの心絵》といった、当時には構想もされていなかったカードをも封じてしまう面白いカードといえる。

範囲が広い《無双恐皇ガラムタ》の方が強力ではあるのだが、あちらは多色かつ殿堂入りしている。それに対しこちらは単色であり、コストの軽さで《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》《絶望と反魂と滅殺の決断》などリアニメイト出来るカードが多いという利点も存在する。
また、常在型能力であることから相手のターンであっても効果が発揮されるため、《音感の精霊龍 エメラルーダ》《マーシャル・クロウラー》等の効果で手札に加えたS・トリガーであれば使用することが出来ない。
そのため、【暴発ミルザム】軸の【ヘブンズ・ゲート】に対しては強烈なメタカードとして働く可能性がある。

環境において [編集]

基本セット環境ではタッチ型の【リーフ青単】における《ホーリー・スパーク》ピンポイントメタとして使われた。同じく《ホーリー・スパーク》対策に初期のキマイラデッキに積まれることもあった。

黎明期の【黒緑速攻】はまだ十分な速度を持たせることが出来なかったため、これで安全に勝ちに行く中速のような動きを取る場合もあった。

その後、DMR-02で登場した強力なS・トリガー呪文《DNA・スパーク》や、【エンペラー・キリコ】に搭載される《スローリー・チェーン》への対抗手段として、【Mロマノフビート】【シューゲイザーワンショット】といった入りのビートダウンに散見されるようになった。

DMRP-21期のオリジナル環境では【赤黒バクロ法師】に2枚目以降の《単騎連射 マグナム》として採用されるケースが散見されるようになった。ロックS・トリガーであればカード全体に及ぶので、特に近くに登場したタマシードである《スロットンの心絵》すらも封殺できるのが大きい。この頃においては《アルカディアス・モモキング》《聖魔連結王 ドルファディロム》の影響によりを含む多色S・トリガーが多く見られたこともあり環境に合致していた。次第に【青黒赤緑邪王門】でも同様に採用されるようになった。

その他 [編集]

  • 《音響の精霊ルルフーラ》の「自分は、光の呪文を唱えられなくする能力を無視」という効果は「「S・トリガー」は使えない」という効果に勝つという裁定になっているため、《ギガボルバ》があっても光の呪文なら使用宣言も詠唱もできる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

全く同じ性能でDMPP-10にして登場した。

【ガントラビート】の厄介なS・トリガーは光のカードであることが多いためメタカードとして使える。

呪文ロックでは防げない《霊騎ミューズ・ルブール》《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》も防げるのが利点。

DMPP-10現在では、【ドルバロム】を中心に1~2枚採用されることがある。上述の《無双恐皇ガラムタ》との選択にもなるが、《ガラムタ》はスーパーレアである上、既にNew Divisionで使用できなくなっているためこちらが採用されることも多い。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-04DMC-08DMPP-10
    顎部の孔から放たれる魔光は、あらゆるものを腐敗させる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]