轟牙忍(ごうがにん) ハヤブサリュウ》 [編集]

轟牙忍 ハヤブサリュウ SR 光/火文明 (6)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ガーディアン/シノビ 5500
ブロッカー
スピードアタッカー
ニンジャ・ストライク7(相手クリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが7枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなければ、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを自分の山札の下に置く。)

DMEX-06で登場した/ガイアール・コマンド・ドラゴン/ガーディアン/シノビ

ブロッカースピードアタッカーニンジャ・ストライクと所持している能力こそシンプルだが、うまく組み合わせると多くの仕事をこなせるる。

まず思いつく運用はニンジャ・ストライクブロッカーによる防御だろう。コマンドなので、攻撃を防ぎつつ相手ターン中に封印を剥がせる。
パワーは5500と高くはないので、ブロックで返り討ちにして敵獣の数を減らせることは少ないが、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の効果でスレイヤーを自身に付与すれば相手を道連れにできる。また、シノビが苦手とする《暴走龍 5000GT》をギリギリで掻い潜ることも可能。

スピードアタッカーを持つ/コマンドドラゴンであるため、出たターンに即座に侵略革命チェンジができる。
革命チェンジで手札に戻ればニンジャ・ストライクを再利用できるので特に相性が良い。出し入れを繰り返し封印剥がしを進めることもできる。
また、このカード1枚で全てのファイナル革命を引き起こせる。【5色ドギラゴン剣】ではその長所を最大限活かせるだろう。《蒼き団長 ドギラゴン剣》とのコンボでは、手札に戻ったこのクリーチャーをファイナル革命で再び叩き込むといった、《リュウセイ・ジ・アース》に似た流れを取れる。

ここでポイントとなるのが「ニンジャ・ストライクは相手クリーチャーがブロックしたときにも発動する」という点である。防御的運用を行うカードが多いニンジャ・ストライクだったが、追加打点を与えるため攻撃に転用することが現実的なものとなった。しかもニンジャ・ストライク召喚扱いなので《龍装者 バルチュリス》と異なり《異端流し オニカマス》《マタドール・マルクーゼ》《洗脳センノー》コスト踏み倒しメタ能力に引っ掛からない。

勿論《ボルシャック・ドギラゴン》《ミラクル・ミラダンテ》の両方の革命0トリガーの邪魔にならないという点や、ドラゴンを参照して2マナ加速する《メンデルスゾーン》《ボルシャック・栄光・ルピア》がヒットするという点でも長所といえる。

エキスパンション《爆銀王剣 バトガイ刃斗》/《爆熱王DX バトガイ銀河》との組み合わせで言うと、そちらでコスト踏み倒ししてからタイムラグなしに打点として利用可能なのが大きい。

ニンジャ・ストライクによる緊急防御、スピードアタッカーによる奇襲から侵略革命チェンジによる変化と、これ1枚のカードで試合を掻き回せられる。その姿はまさに忍者と言えるだろう。

弱点はその重さ。高速化した環境下ではマナを伸ばしきる前に決着することも多く、ビートダウンでの運用を考えるとニンジャ・ストライク7は厳しい条件である。スピードアタッカーなので、場に《波乗りザブンプル》《その子供、可憐につき》があるとタップインしてしまうのも思わぬ欠点となる。

《トップ・オブ・ロマネスク》は色が合う上にマナブーストしてこのカードのニンジャ・ストライクに繋げられるので相性が良い。

単純に【5色コントロール】における《百族の長 プチョヘンザ》への革命チェンジ元としても十分使える。という組み合わせなので、マナ基盤としては貴重な方である。

環境において [編集]

DMBD-09DMBD-10期に、このクリーチャーから《百族の長 プチョヘンザ》に革命チェンジして時間稼ぎを図る型や《時の法皇 ミラダンテXII》とセットで使う型の【モルト NEXT】で結果を残した。

DMRP-11期から2020年7月1日殿堂レギュレーション改訂までの間、カウンター札が意味を為さない環境であったため肩身が狭かった。

ところが王来篇環境の到来に伴い《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》採用型の【5色グレンモルト】(いわゆる【5色ドルマゲドン】)が成立すると立場は一変。このカードが入った構築で続々入賞報告が為されるなど、環境におけるメジャーカードの仲間入りを果たした。【ドギラゴン閃】でも《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命警戒付与を最大限活かせる汎用性の高いスピードアタッカーブロッカーということで使われることがあった。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • DMEX-06のCMでは、防御にも攻撃にも有用であることから「メンタルお化け」「ピンチに強けりゃチャンスも強い」とうたわれた。
  • 元ネタはテクモから発売されたゲーム「忍者龍剣伝」の主人公「リュウ・ハヤブサ」の名前を入れ替えたものだろう。
  • 何故かドラグハートに関連するセットに再録されることが多い。
  • アニメ「デュエル・マスターズ!!」第15話では土瓶マスクの切り札として紹介されているが、実際に使われることは無かった。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]