竜音(りゅうおん)のキラ》 [編集]

竜音のキラ C 火文明 (3)
クリーチャー:ブレイブ・スピリット 1000
自分のティラノ・ドレイクを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

DM-21で登場したブレイブ・スピリット

ティラノ・ドレイク召喚コストを1少なくする能力を持つ。

ティラノ・ドレイク種族デッキではよく使用される。
同系のカードである《コッコ・ルピア》とは違い軽減できるコストはわずか1であるが、ティラノ・ドレイクドラゴンと比べればコスト軽い方のため、それでも十分に仕事をする。
特に《闘龍鬼ジャック・ライドウ》《ラプトル・ドラグーン》などの5コストティラノ・ドレイクとは、非常に優良なシナジーを形成する。

進化クリーチャー以外のティラノ・ドレイクパワーが低いものが多いため、《ミリオン・スピア》などの全体除去には気をつけたい。
またコスト軽減をこのカードのみに頼りすぎると、手札に来なかったり除去されてしまった場合、序盤の動きが大きくもたついてしまう。《ボンバー・チャージャー》などのチャージャー呪文や、《深塊炎霊ロミュナス》《炎霊甲蟲ジャンガルジャン》といった他のコスト軽減クリーチャーを補助として使うといいだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

竜音のキラ C 火文明 (3)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 2000
自分のティラノ・ドレイクの召喚コストを1少なくする。それが《キラ・ゼクス・ドラグーン》なら、さらに1少なくする。ただし、そのクリーチャーの持つ文明の数よりコストは少なくならない。

TCG版と比べると、パワーが+1000され、《キラ・ゼクス・ドラグーン》に対する追加のコスト軽減が付いた。
種族は、他のブレイブ・スピリット同様にティラノ・ドレイクへ変更となった。

《キラ・ゼクス・ドラグーン》との兼ね合いを考えなくても、《炎霊甲蟲ジャンガルジャン》より優先して採用できる。
《ジャンガルジャン》は《超竜騎神ボルガウルジャック》を軽減できないことが大きな弱点だったが、《竜音のキラ》だと軽減しつつ進化元にできる。

デザイナーズコンボの《キラ》→《キラ・ゼクス》は綺麗に繋がるようになっている。
《キラ・ゼクス》以外へのコスト軽減こそTCG版同様《コッコ・ルピア》に劣る1軽減だが、一番隊サイクルなどのように後続の《キラ》もコスト軽減を受けられるようになっている。
その為、理論上は3ターン目に《キラ》、4ターン目に《キラ》×3と一斉に展開することも可能となった。

  • デュエプレでは《竜音のゼクス》がいるためか、フレーバーテキストが若干変更されている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-21
    炎の息吹が奏でる音色だけが、キラ・ゼクス・ドラグーンを操ることができる。
  • プロモ(P47/Y5)
    戦場に笛の音が木霊する時、破滅の怒りが正しき怒りへと変わるだろう。
  • DMPP-08EX
    炎の息吹が奏でる音色が、キラ・ゼクス・ドラグーンの力を引き出す。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]