超銀河竜(ちょうぎんがりゅう) GILL(ギル) [編集]

超銀河竜 GILL R 火文明 (10)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/エイリアン 9000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、パワーの合計が9000以下になるように相手のクリーチャーを好きな数選び、破壊する。その後、相手のシールドをひとつ選び、持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー

DMX-05で登場したアーマード・ドラゴン/エイリアン

《超銀河弾 HELL》クリーチャー化したカード
あちらと違いシールド焼却枚数は1枚で固定だが、相手の場ががら空きの時に《ミラクルとミステリーの扉》等で意図せず出てきても最低限の仕事はできる。

クリーチャーであるため、コスト踏み倒し手段が全く異なる。本家とはまた違ったデッキ構築が必要だろう。
ドラゴンのため、コスト踏み倒し手段は多い。代表格である【連ドラ】に1枚入れてみると面白い。

《超銀河弾 HELL》同様、《超神龍イエス・ヤザリス》と組み合わせることで最大18体のクリーチャーを焼ける。
どちらもドラゴンなので《聖霊王イカズチ》《幻想妖精カチュア》等のコンボに使えるだろう。

  1. 《超銀河竜 GILL》を召喚(残り14マナ)
  2. 《ボルバルザーク・エクス》召喚(残り24マナ)
  3. 《GILL》と《エクス》に重ねて《無限龍ファタル・スパイラル》召喚、自身をバウンス(残り17マナ)
  4. 再び《GILL》(残り7マナ)
  5. 再び《エクス》(残り24マナ)
  6. 3.〜5.を延々と繰り返して、相手のシールドを全て墓地送りにしつつ、邪魔なブロッカー等を全てバウンス
  7. 最終的に《ボルバルザーク・エクス》《超竜バジュラズテラ》進化、ランデス。ニンジャ・ストライクを気にする必要もなくダイレクトアタックが可能。
  • 元となったカードの名称とエイリアンの命名ルールを掛けた秀逸なカード名と言える。
    ただし《超銀河弾 HELL》と異なり焼却効果の枚数が1枚固定であるため、実際のスペックは《コアクラッシュ・リザード》上位種となる。
    • 「超銀河弾」は「ギャラクシーショット」と読むが、こちらは「ギャラクシードラゴン」とならずそのまま「ちょうぎんがりゅう」と読む。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]