聖拳編環境(エターナル・アームズかんきょう) [編集]

メタゲーム [編集]

DM-10 「聖拳編(エターナル・アームズ) 第1弾」 [編集]

DM-10多色カードが登場すると、《アクアン》デッキの3が同時に扱いやすくなる。【アクアンホワイト】本来の強さを保ちつつハンデスサルベージを扱える【アクアンホワイトブラック】《アクアン》デッキの主流となった。
DM-10では各文明の主力種族に強力なカードが増え、特にイニシエートの充実は目を見張るものがあった。これまでの《アクアン》+デッキ【ガーディアン】を中心に組まれてきたが、だんだんと【イニシエート】に主役がシフトしていく。

同時期にDMC-14 「紅の鋼鉄兵団(クリムゾン・アーマロイド)デッキ」DMC-15 「幻想の無限龍(エターナル・ドラゴン)デッキ」DMC-16 「紺碧の守護聖天(ガーディアン・ブルー)デッキ」DMC-17 「戦場の暗黒皇女(ダーク・ウォリアー)デッキ」といった四対のデッキが登場。これまでのデッキの中ではどれも段違いで強く、高い実用性と派手さを兼ね揃えており、たちまち売り切れとなった。一方でデッキのコンセプトすら無かったDMS-03 「聖拳編(エターナル・アームズ)スターターセット」極神編の初めまで売れ残ったそうな。

2004年公式大会エターナル・リーグでは、当初これらの《アクアン》ベースのデッキ【青黒赤ライブラリアウト】黒赤赤緑などの速攻が主役となるかに思われたが、新鋭《無双竜機ボルバルザーク》を扱った【ボルバルステロイド】が地方の大会で成績を残すにつれ、ボルバルデッキが台頭し始める。

エターナル・リーグが佳境になると、【ボルバルステロイド】を組み込んだ【青赤緑ビートダウン】形式の【ボルバルブルー】が普及し、各地でその強さを発揮した。
この当時の環境ボルバルではなかったものの、結果的にエターナル・リーグオープンクラスでは【ボルバルブルー】が日本一を収める。

DM-11 [編集]

DM-11では《魂と記憶の盾》などの有能な多色呪文《宣凶師ベリックス》が登場し、これらを【青黒赤ライブラリアウト】に組み込んだ【白青黒赤ライブラリアウト】が生まれた。
このデッキ速攻【イニシエート】【アクアンホワイトブラック】、そして【ボルバルブルー】の四者を軸にして、ウェーブストライカーなどの新鋭を交えてメタが形成される。

DM-12 [編集]

長い間4枚体制での活躍を続けた《アクアン》だが、ついにDM-12発売後に殿堂入りが決まる。
誰もが第二回の殿堂入りの際は、《アクアン》と共に日本一カード《無双竜機ボルバルザーク》が一枚制限になると考えたが、なんとこの時にボルバルザークには全く規制がかけられなかった。

結果的にトップメタデッキの中で《アクアン》を投入していた【アクアンホワイトブラック】【白青黒赤ライブラリアウト】がやや弱体化し、【ボルバルブルー】は相対的に凶悪化。手が付けられなくなっていった。

DM-13 [編集]

2005年スプリングチャレンジバトルで、案の定《ボルバルザーク》は猛威をふるう。
特にその関東大会ではオープン&レギュラー上位入賞者16名がすべて《無双竜機ボルバルザーク》デッキだったという、悪夢としか言えない結果まで出ていた。これらから、一時期プレイヤーたちはデュエル・マスターズボルバル・マスターズと皮肉った。

DM-13ボルバルデッキに相性のいいカードが出ていたのもボルバルにとっては追い風で、特に《炎槍と水剣の裁》はその圧倒的なカードパワーからコントロール寄りのボルバルデッキである【ボルバルブラック】などを増やし、また、ボルバルデッキ以外のコントロールデッキタイプにもこぞって投入された。
さすがに批判が集中したのか、《無双竜機ボルバルザーク》はスプリングチャレンジバトル後に7月15日からの殿堂入りが決まる。

当時の主流デッキ [編集]

主なカード [編集]

参考 [編集]