邪魂転生(じゃこんてんせい) [編集]

邪魂転生 R 闇文明 (3)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
自分のクリーチャーを好きな数破壊する。その後、こうして破壊したクリーチャー1体につき2枚カードを引く。

DM-06で登場したS・トリガー呪文

文明によくある、クリーチャーコストにしてアドバンテージを得る呪文
何体でも破壊できるため、場合によっては大量のドローが可能であり、様々なコンボに使用されてきた経歴を持つ。

pig持ちクリーチャーとのシナジーはもちろんのこと、選んだクリーチャー破壊置換効果によって墓地に行かなくてもドローできるので、《不死身のブーストグレンオー》《光器パーフェクト・マドンナ》と組み合わせることも可能。

文明では珍しいドローソースであり、コスト軽くS・トリガーも付いており便利な呪文。1コスト上に1体だけ破壊して3枚ドローする《邪魂創世》があるので、デッキによって使い分けたい。

ルール [編集]

環境において [編集]

最初は【アッシュランデス】や基盤すら不安定であった黒緑【ターボドルバロム】に使われることがあり、その後も黒単スーサイドコンボに使われることはあったが、活躍らしい活躍は無かった。

ところが王来篇環境 (オリジナル)ではDMEX-17発売からしばらくの間、一部の型の【ネロ天門ループ】のパーツとして姿を見せていた。

DMGP2024-1st』終了後には、これをドローソースとした型の【アーテルマトリクスループ】が確認された。青黒緑基盤では4ターン目辺りに砕くためのクリーチャーが3体から4体はポンと並ぶので、大量ドローは狙いやすい。コンボパーツを手札に加えることが肝心なデッキなので、《蒼狼の大王 イザナギテラス》でサーチしたら《蒼狼の大王 イザナギテラス》単騎を砕くというプレイングも普通にに取られる。複数回唱えられれば【黒緑アビス】などの質を重視したハンデスを行うデッキに対して量で対抗できる手札を構えられる。勿論ソリティアの途中に唱えてもループ初期盤面作りに役立つ。
なお、これを使った型自体はグランプリ時点で開拓されている

他のカード・デッキとの相性 [編集]

比較対象 [編集]

メディアでの活躍 [編集]

その他 [編集]

  • 闘魂編以来長らく絶版状態となっていたが、10年以上の時を経てDMX-16にてついに再録された。しかしそちらでもテキストは「墓地に置く」であり、「破壊」と言う表現は使われなかった。
  • 日本でも殿堂入りカードではないものの、海外版では状況次第で大量のドローを行える点を重く見られた為か調整版が登場している。日本語版は存在しない。
    Intense Evil R 闇文明 (3)
    呪文
    S・トリガー
    バトルゾーンにある自分のクリーチャーを好きな数選び、自分の墓地に置く。その後、そのクリーチャー1体につき1枚カードを引く。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-06DMC-07
    は常に魂を代償に求める。
  • DMX-16
    闇文明には悪魔の取引の為に喜んで魂をささげる奴がいくらでもいる。あいつらは、それすらも楽しんでいるんだ。
  • プロモ(P8/Y2)
    朽ち果てた死体から、より邪悪な生命が覚醒する。
  • DMEX-15
    勝舞のライバル、黒城 凶死郎。誰ともなれ合わず、孤高にデーモン・コマンドを使いこなすその姿は「黒い死神」と恐れられている。

収録セット [編集]

参考 [編集]