《サッヴァークDG(ディージー) [編集]

サッヴァークDG MAS 無色 (6)
クリーチャー:マスター・DG/メタリカ 5000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からメタリカ、ドラゴン、呪文をすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
自分のターンの終わりに、自分の手札から裁きの紋章を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。
自分のターンの終わりに、すべてのシールドゾーンにある表向きのカードの合計が3枚以上なら、このクリーチャーを破壊してもよい。そうしたら、光のドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。

DMRP-04裁で登場した無色マスター・DG/メタリカ

cipで自分の山札の上の3枚からメタリカドラゴン呪文をすべて手札に加える能力ターンの終わりに手札から裁きの紋章1枚をコスト踏み倒し唱える能力、同じくターンの終わりに表向きシールドカードが全プレイヤー合計で3枚以上であれば、このクリーチャー破壊し自分の手札からドラゴンを1体コスト踏み倒しで出せる能力の3つを持つ。

cip手札補充能力により、残り2つの能力コスト踏み倒しできるカードを一通り揃えられる。元々の手札が悪くても、ある程度自力で持ってこれるのは嬉しい。
対象としてドラゴンに、呪文裁きの紋章に限定されていない上、メタリカまで持ってこれるので、仮に自己完結コンボを成立させられなくても展開への準備には事欠かない。

デッキの全てをメタリカあるいはドラゴン呪文で埋める事は容易なので、最悪3ドロー+クリーチャー1体という使い方でも十分良好なスペック。

裁きの紋章コスト踏み倒しする能力もまた、最後の能力と関連する。手札から唱えた裁きの紋章表向きシールドゾーンに置かれるので、最後の能力の条件達成を助けるわけである。タイミングは同じだが、この裁きの紋章効果表向きカードが3枚上揃えば最後の能力はその場で発動可能。

裁きの紋章であればコストは問わないため、サーチで得た潤沢な手札から状況に応じて異なる裁きの紋章を使い分けることができる。
中でも最もコストの高い《断罪スル雷面ノ裁キ》は、除去対象とした相手クリーチャー2体とその呪文本体とで合計3枚の表向きシールドカードを作り出し、このクリーチャーの最後の能力の条件を一度に達成してくれるという相性の良さを誇る。

最後の能力かつドラゴンならコスト進化非進化も問わないという強力なコスト踏み倒し
ただし、自分のターンの終わりというのが少々厄介なタイミングで、せっかくこのクリーチャー破壊してまで降臨させたドラゴンを、返しのターンであっさり破壊されてしまっては元も子もない。

そのため除去耐性、あるいは除去を封じるロック能力を持つドラゴンが基本的に望ましい。主な候補は以下。

《煌龍 サッヴァーク》デザイナーズコンボ。条件達成のための裁きの紋章がそのまま自軍全体への除去耐性の種に。カード指定除去ドラゴン・W・ブレイカー表向きシールドの枚数も維持しやすい。
《煌世主 サッヴァーク†》自分のシールドのみの参照条件だが、自己でもカウンター踏み倒しと完全耐性が狙えるブロッカードラゴン・T・ブレイカーにより《サッヴァークDG》の条件を再度満たすことも。
《光神龍スペル・デル・フィン》呪文封殺。ピーピング
《偽Re:の王 ナンバーナイン》呪文封殺。G・ストライク
《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》呪文封殺。他のコスト9のサーチも可能。
《偽りの王 ナンバーナイン》呪文封殺。
《獅子頂龍 ライオネル》カードS・トリガー化させつつ強固な除去耐性を発揮する度暴発裁きの紋章とも好相性。
《神曲の法皇 ミラダンテ》クリーチャーが並んでいれば場を離れなくなり、攻撃をシャットアウト。メタリカの攻撃曲げとも好相性。
《禁時混成王 ドキンダンテXXII》EXライフ超高パワー、能力無視カウンタードロー&呪文踏み倒し能力が強力に纏まっている。裁きの紋章踏み倒し先として相性が良い。
《白蒼混成 B・W・M》シールド焼却裁きの紋章シールドに貼りつけた相手クリーチャーを丸ごと焼けるため好相性。
《原闘混成 ボルシャックADEVE》ブロッカーcipで敵獣をデッキボトムバウンスし、アタックトリガーシールド手札を補充できる。
《砕慄接続 グレイトフル・ベン》ブロッカーマナ加速による後続の展開が狙える他、自壊した《サッヴァークDG》をマナ送りにしつつ、以降マナ召喚で使い回せる。
《恐帝接続 ネロ・グウルピオ》相手クリーチャーへの全体パワー低下および追加タップ要求。マナ召喚を持つので手札が揃わない状況にも対応しやすくなる。
《神龍連結 バラデスメタル》cipEXライフシールドが離れた時のフリーズ付きオールタップで非常に突破され辛い。ワールド・ブレイカーもゲームの決着を速めるのに役立つ。
《天紅連結 シリディアン》ブロッカーG・ストライク単色ディスペクターであることを生かせるなら。
《紫天連結 ネバーシデンド》紫電効果と二重の耐性を持つブロッカー
《熱核連結 ガイアトム・シックス》スピードアタッカーは活かせないが、cipおよびEXライフシールドが離れた時の9000火力と、カウンターオールハンデスによる疑似アンタッチャブル
《滅印連結 ヴァルハルザーク》踏み倒しただけではスピードアタッカーや登場時のタップ能力がほぼ無意味だが、破壊する度のシールド追加と追加のタップ能力が強力なシステムクリーチャー

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の能力について

Q.自分のターンの終わりに、《サッヴァークDG》の2番目の能力で裁きの紋章を唱えました。その裁きの紋章がシールドに置かれたことによってシールドゾーンにある表向きのカードの合計が3枚になった場合、最後の能力は使えますか?
A,はい、使えます。
引用元(2019.7.2)

  • 3つ目の能力について

Q.ターンの終わりに《サッヴァークDG》は自身を破壊して光のドラゴンを1体、手札からバトルゾーンに出す効果ですが、《煌龍 サッヴァーク》の置換効果で破壊を置き換えた場合、その光のドラゴンはバトルゾーンに出せますか?
A.はい、光のドラゴンを出せます。クリーチャーを破壊するとは、それをバトルゾーンから墓地に置こうとすることです。効果の発動に「~した場合」というような条件がある場合、その条件となる行為を試みたことで発動し、その行為が結果的にどうなったかを問いません。

+  (総合ルール 701.6)

引用元(2020.11.13)