緑神龍(りょくしんりゅう)ダクマバルガロウ》 [編集]

緑神龍ダクマバルガロウ SR 自然文明 (7)
クリーチャー:アース・ドラゴン 1000+
このクリーチャーのパワーは、自分と相手のシールド1枚につき+2000される。
このクリーチャーは、パワーが6000以上の時、「W・ブレイカー」を得る。
このクリーチャーは、パワーが15000以上の時、「T・ブレイカー」を得る。

DM-10で登場したアース・ドラゴン

シールドの数に依存してその力を上げていくファッティパワー変動制の能力は非常にアース・ドラゴンらしい。
デュエル開始時のシールド枚数を保っていればパワーは21000になり、シールドを増やせばパワーは跳ね上がっていくが、さすがにそれはオーバーキル気味。現実的には計7枚でほぼクリーチャー戦には負けず、T・ブレイカーを得るクリーチャーと考えたい。

シールドブレイクすると弱体化するという欠点はあるが、シールドブレイクすればT・ブレイカー等のブレイク能力のお役は果たせていると割り切るのもあり。

面白いカードだが、パワーアップしても結局はブロッカーに防がれて確定除去の餌食というコースが待っている感が強い。7コストはちょっと重かったか。

  • 相手のシールド枚数は基本的にはこちらにゆだねられるので、最低限ある程度の強さで登場させることは可能である。
  • 多くのプレイヤーと同時に戦う多人数戦ではシールドの枚数が激増するため、このクリーチャーのパワーがとんでもない事になる。
  • バルガ』の名を持つが、ドラゴンに関わる踏み倒し能力を持たない。
    • 「可変」を意味する「ヴァル(バル、variableの省略形)」+「ガロウ(餓狼)」で偶然「バルガ」という単語になっていたのかもしれない。
  • マバルガロウではなくダマバルガロウである。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

緑神龍ダクマバルガロウ SR 自然文明 (7)
クリーチャー:アース・ドラゴン 1000+
攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置き、更にもう1枚をシールドゾーンに加え、カードを1枚引く。
自分と相手のシールド1つにつき、パワーを+2000する。
パワード・ブレイカー

攻撃のたびにマナシールド手札を1枚ずつ得る能力が追加され、大幅な強化を受けた。
効果は強制な為にライブラリアウトの恐れはあるものの、攻撃する度に確実なアドバンテージを稼いでくれる。生き残れば戦略は飛躍的に安定するだろう。
ブレイカーを得る能力パワード・ブレイカーに統合された。T・ブレイカー相当になる条件も少し緩くなっている。

シールド追加により、攻めると弱体化してしまうという点はそこそこ緩和されており、攻撃中のパワーは最低でも3000は保証されている。

召喚酔いしている間に相手の確定除去が間に合ってしまうので、《マイキーのペンチ》《幻想妖精カチュア》等でスピードアタッカー化させて奇襲したい。
アタックトリガーシールド追加をした後、合計11枚のシールドがあればQ・ブレイカーとなる。
相手に自分のシールドをブレイクされるとパワーが下がってしまうが、その場合このクリーチャーで殴り返ししつつシールドを回復していけばジリ貧に持ち込める。

一撃で5枚のシールドをブレイクするには合計12枚(すなわち自分側に7枚)のシールドが必要だが、事前に 《無頼聖者スカイソード》等で追加してあればアタックトリガーのシールド追加と合わせて達成できる。《無頼聖者スカイソード》とは5→7と繋がる。

  • 【黒赤緑ドラゴン】 (デュエプレ)で採用した場合、積極的にシールドを割って攻めるデッキタイプのため、パワーの上昇はそこまで期待できないがリソースの回復としては考慮できる。
  • このカードの登場時期は、なるべくプレイヤーがカードを選択する手間を排除する方針だったため、山札の上から3枚は見れないで置かれてしまう。《ダーク・ライフ》の上方修正など、カード効果の方針転換により《大神秘アスラ》は山札の上から3枚を見て、好きなように手札・マナゾーン・シールドゾーンに置くことができる効果で実装された。

ボスバトルでは [編集]

+  PLAY'S ARENA以降、ボスバトルは廃止中

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]