大宇宙(だいうちゅう)ゼクウ》 [編集]

大宇宙ゼクウ VR 自然文明 (8)
進化クリーチャー:ジャイアント 8000+
進化-ジャイアント
シンパシー:ジャイアント
パワーアタッカー+5000
T・ブレイカー

DMPP-04で登場したゲームオリジナルカード
自然の進化ジャイアント

シンパシーを持つ準バニラ

一見性能の割にコストが重いが、《西南の超人》さえ居れば比較的低コストでジャイアントを並べることは容易なので、かなり低コストでの召喚が狙える。

デュエル・マスターズ プレイスでコスト6の進化クリーチャーには《魔翼虫ジェノサイド・ワーム》《超神龍アブゾ・ドルバ》が存在する。《大宇宙ゼクウ》を6マナで召喚してしまうとその2体と同等かそれ以下のコストパフォーマンスになってしまうため、最低でもコスト5まで軽減することが望ましい。

DMPP-09で登場した軽量ジャイアント、《剛撃電磁サイバゴン》により【ジャイアント】での即席打点として評価が上がった。
《西南の超人》から《剛撃電磁サイバゴン》《二角の超人》を並べ、手札補充マナ回復から召喚酔いしないT・ブレイカーを出せる。手札補充ができるジャイアントは多く、《剛撃戦攻ドルゲーザ》はもちろん《怒流牙 セイカイザ》などで手札に《ゼクウ》を引き込みつつ並べられるため、大量展開から《ゼクウ》を並べワンショットでの勝利を狙うこともできる。

DMPP-06《クリスタル・ツヴァイランサー》が登場した。出しやすさ、突破力、基礎パワーのどれもあちらの方が上で、しばらくは【ジャイアント】そのものがやや肩身が狭くなってしまった。《西南の超人》の上方修正などで【リキッド・ピープル】とライバル関係ではなくなった。

DMPP-11【ジャイアント】内で枠を争う《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》も登場した。《ゼクウ》も《ドルゲユキムラ》も召喚したい場面では4体以上ジャイアントがある状態が珍しくなく、こちらは自分のジャイアントが3体以下でもなんとか低コストで出せることと、1ターンに2体以上召喚して複数のT・ブレイカーを生み出せることで差別化しなくてはならない。

ただし、《ユキムラ》のマナ回収で運良く《大宇宙ゼクウ》を回収できれば、《ドルゲユキムラ》と《ゼクウ》の2体で6打点、シングルブレイカーのジャイアントが少なくとも2体いる状態となるので、両立したコンセプトも面白い。

後に【ジャイアント】は制限時間内に自分の行動をすべて終えられるかが大事だということが判明し、「ベリーレアゆえ召喚演出がほとんどない」という部分が長所として考えることができるようになった。
DMPP-10の時点で《大宇宙ゼクウ》はAll Division専用となっているため、同じくAll Division専用となっている《二角の超人》マナ回復からコストを支払って突如3打点を生み出すプレイングが望ましい。差別化のため、単色である《大宇宙ゼクウ》入りデッキは《二角の超人》で確実に使用可能マナが2増える多色不採用構築にするのが良いだろう。《西南の超人》が複数体あれば《剛撃妖精ユキハナ》《大神秘アスラ》で芋づる式に進化クリーチャーを並べることができる。

  • 名前の由来は「色即是空(しきそくぜくう)」だろうか。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-04
    宇宙へと連なる神秘の力。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]