不正(ふせい) [編集]

デュエル・マスターズにおいて、以下の意味がある。

  1. マナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーバトルゾーンに出すことを指す俗語。《制御の翼 オリオティス》能力フレーバーテキストからの由来で、ルール上の不正とは全く関係はない。
  2. ルール上による反則行為。デュエル・マスターズはもちろんのこと、他のTCGやスポーツなど、何かしらルールのあるゲームでは、行えば何かしらのペナルティを課せられる行為である。

1について [編集]

コスト踏み倒しはもちろんのこと、コスト軽減した時にも発生しやすい。

《制御の翼 オリオティス》《奇石 ミクセル》などはそれらのメタカードであるが、マナゾーンのカードの枚数がコストの数に足りてさえいれば、どれだけコスト踏み倒しコスト軽減をしたとしても全くお咎めがない。逆にマナ進化マナ召喚するなどして、正規コストを支払ってもマナゾーンのカードの枚数をコストの数が上回ってしまうと容赦なく除去されてしまい、こうした事態を「冤罪」と呼ばれることがある。
《オリオティス・ジャッジ》に至っては、マナゾーンのカードの枚数と同じコストの数のカードも対象に入れてしまうため、より「冤罪」を引き起こしている。

不正をメタするカードは、主にマナが十分に溜まっていない序盤が一番効果を発揮しやすく、終盤になるにつれてその効力は失われていく。そのため、こうしたメタカードを使うのであれば、すばやくビートダウンで早期決着を狙うか、ランデスを駆使するなどしたい。

2について [編集]

ルールに反する行為は全てこれに当たる。こうした行為は公式大会、非公式大会、カジュアルな対戦問わず、やってはいけない行為であることは言うまでもないだろう。
しかし、こうした行為を行う輩は必ずいるのが世の常であり、すぐにばれることもあれば、なかなかばれないこともある。
たいていのプレイヤーは、自分の目の前で不正が行われることなど想像だにしていないことが多いので、手札を注視していたすきを突いて行われることが多い。自分の手札やマナ、墓地などを確認している時に、こっそり山札の上を見て、既存のシールドと入れ替えたり、手札と入れ替えたり、山札の順番を入れ替えたりなどが一番多い不正だと思われる。これらの不正はしても案外気付かれにくく、相手が何か不審な動きをしたことに気づいても、具体的に何をしたかまでは分からないことが多い。

公認グランプリにおいて不正をした場合、即座に失格となりランキング資格の剥奪や公式大会への出入り禁止といった処罰が課される。

  • なお、ルールミスをした場合は、「不正」と見なされることはほぼない。この場合、ミスする前の状態に戻るか、最悪その1戦の敗北で済まされる場合がほとんどで、失格になることはまずない。ルールミスに気をつけるのは当然だが、だからと言ってビクビクする必要もないため、落ち着いてプレイされたし。

参考 [編集]