神龍連結(しんりゅうれんけつ) バラデスメタル》 [編集]

神龍連結 バラデスメタル SR 光/闇/火文明 (13)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド・ドラゴン/ゴッド 24000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーが出た時、またはこのクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、相手のクリーチャーをすべてタップする。次の相手のターンのはじめに、それらのクリーチャーはアンタップしない。

DMRP-17で登場した//ディスペクター/エンジェル・コマンド・ドラゴン/ゴッド

EXライフを持ち、cipEXライフシールドが離れた時の誘発フリーズ付のオールタップを放つワールド・ブレイカーの超重量級クリーチャー

連結元の《バラディオス》ブロッカー《ヘヴィ・デス・メタル》スピードアタッカーが失われているが、登場時にEXライフシールド追加しつつ更にcipEXライフ消費時とで2回オールタップフリーズを放つため、アタッカーブロッカーも封殺しほぼ確実に1ターンを稼ぐ。ワールド・ブレイカーによりこのクリーチャー1枚でシールドも全て削り切るので、相手には相当強い圧力をかけられる。

このカードを使う上での問題は、やはり13という非常に大きなコスト
幸い元の《ヘヴィ・デス・メタル》と異なりコスト踏み倒しに制限がなく、種族もコマンド・ドラゴン/ゴッドと優秀なので、各種族専用のコスト踏み倒しカードも含め様々なサポートを受けられる。
ディスペクターとしても、《砕慄接続 グレイトフル・ベン》による大量マナブースト《霊宝 ヒャクメ-4》による大幅コスト軽減により召喚難易度は下がりつつある。
しかしながら《聖魔連結王 ドルファディロム》を筆頭に取り回しの良く強力な同僚は多いため、考え無しの採用は憚られるだろう。
規格外の王達を除けばディスぺクター内でも負け無しのパワーを始めとした、その大きさを活かせるデッキビルディングが求められる。

その他 [編集]

超獣王来列伝で予告されていたディスペクター
破壊王ヘヴィ・デスメタルと「青いバラの形をした正義」、「聖龍王」《聖霊バラディオス》を合成した『連結』ディスペクター

+  合成元との関係

背景ストーリーでの活躍 [編集]

闇文明を襲撃し《七王の円卓》破壊していたところ、ゲンムエンペラーが強者の気配を感じて帰還したためこれと対峙。
「神の力」と「無の力」の衝突は闇文明そのものを崩壊させかねない程激しいものとなるが、最終的にはゲンムエンペラーの「無の力」によって「連結」を無にされ身体が崩壊。
破壊王」の力はゲンムエンペラーの「無の力」によって完膚なきまでに破壊され、その魂も「超獣王来列伝」へと還っていった。

  • 「連結を無にする」という超常的な手段で撃破されたためか、再生することなく体が崩壊し敗北している。あるいは、描写されていないだけで再生はしていたものの、「連結」そのものが「無」になっているために復活しきることが出来なかったのかもしれない。
    強いてゲームルールに倣って表現するなら、パワーが0になったような状態だろうか。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 「ディオス」=下半身が無い