神帝(しんてい)ルナティック・ゴッド GS(ジーエス) [編集]

神帝ルナティック・ゴッド GS P 水/闇文明 (21)
クリーチャー:ゴッド/オリジン 21000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンにあるゴッドのマナの数字は、1のかわりに3になる。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを3体まで選び、持ち主の手札に戻す。その後、カードを3枚引いてもよい。
このクリーチャーの攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップする。

DMSP-02で登場した/ゴッド/オリジン

cipでバウンスと手札補充を行う無限アタッカーであり、G・ストライクで防御札にもなる。

コスト21と重いが、《神誕の大地ヘラクレス》を彷彿とさせる擬似コスト軽減能力で、最小7マナで召喚できる。
また、神帝の名を持つゴッドであるため《新月の脈城オリジナル・ハート》コスト踏み倒しが可能。

《第七神帝サハスラーラ》が持っていた攻撃の終わりにアンタップする無限攻撃能力は健在で、先代同様《閃光の守護者ホーリー》のようなタップ系のS・トリガーにも強い。
ただ、通常クリーチャーとなったことでスピードアタッカーでも付与しなければ召喚酔いしてしまうようになってしまった点は注意。
一方、種族がゴッドなので《ゴッド・ブリンガー》《ゴッド・サーガ》で複数体踏み倒すこともでき、《神の裏技ゴッド・ウォール》で耐性を直接付与できるので召喚酔いの隙を守ってやる事もできる。

《神の裏技ゴッド・ウォール》を攻撃にも使えば除去されない無限アタッカーとしても十分使える。
しかし今やプリン効果《終末の時計 ザ・クロック》など、タップ除去を介さない防御S・トリガーも豊富であり、思っている以上に容易に攻撃を止められてしまう。
特に、王来篇の新能力であり自身も持ち合わせているG・ストライクでも簡単に止まってしまうのは何とも皮肉と言える。

とは言え、1ショットキル出来ずともcipで相手の場を壊滅させたおまけに複数手札補充で更なる攻めに繋げられる為、フィニッシャーとしての性能自体は悪くない。
【ミステリー・キューブ】【アマテラス・キリコ】で豪快に踏み倒したり、豊富な種族サポート等を駆使して活躍させたい。
先述の通り《新月の脈城オリジナル・ハート》で踏み倒すことができ、あちらの効果と合わせて最大4枚ものドローが可能である。このカードの攻撃も当然「脈城」のトリガーにできるため、デッキに複数枚積んでいれば連鎖的に踏み倒すこともできる。
いくら耐性を持たないとは言え、パワー21000の大型ファッティバウンスドローを放ちながら増殖するのは相手にとってたまったものではないだろう。

  • ドローは任意だが、引くなら3枚引く。1,2枚だけ引くことはできない。
  • 逆に、バウンスはその戻す数を0~3から任意に選べる。厄介なcip持ちや《シン・ガイギンガ》等、手札に戻したり選ぶこと自体にリスクのあるようなクリーチャーしかいない場合は無視できる。
  • デュエチューブで、最初は「神帝 GS」というカード名にする予定であったが、後にそれだけでは寂しい、映画を思い出して欲しいという理由で変更されたことが明かされた。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]