真実の名(トゥルーネーム) タイガー・レジェンド》 [編集]

真実の名 タイガー・レジェンド VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 7500
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分が負けるか中止するまで、相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分がガチンコ・ジャッジに勝った回数、「ブロッカー」を持つ光の、進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
W・ブレイカー

DMR-08で登場したエンジェル・コマンド/アンノウン

ガチンコ・ジャッジで勝った回数分、進化ではないブロッカー踏み倒すことが出来る。

【ヘブンズ・ゲート】待望の大量展開の可能性を秘めた大型ブロッカー《ヘブンズ・ゲート》から展開することで、1ターンの間に何体ものブロッカーバトルゾーンを埋め尽くすことも夢ではない。

《知識の精霊ロードリエス》との相性は目を見張るものがあり、
《ヘブンズ・ゲート》で《ロードリエス》と共に展開→《ロードリエス》で2枚ドローガチンコ・ジャッジで追加の《タイガー・レジェンド》とブロッカー展開→更に《ロードリエス》でドローという風に連鎖的に能力をつなげることが可能。
締めに《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》を絡めればそのまま1ショットキルすることも出来る。
ただし、注意しなければならないのが、《タイガー・レジェンド》の効果でブロッカーを出して《ロードリエス》でドローしてから次を出すのではなく、一度に出してから《ロードリエス》でドローするという点である。他の類似効果持ちクリーチャーに比べ問題になりやすいのでしっかり把握しておくこと。

ガチンコ・ジャッジという不確定要素があるものの、【ヘブンズ・ゲート】デッキならば必然的に高コストブロッカーが多くなるため、さほど気にならないだろう。

《ヘブンズ・ゲート》より1コスト軽い上にこのカード自身で呼び出す数が《ヘブンズ・ゲート》より1体少ない点を補える《スターゲイズ・ゲート》も呼び出し手段として好相性。

並べたクリーチャーがエンジェル・コマンドであれば、【ヘブンズ・ゲート】の鉄板フィニッシャーである《聖霊王アルファリオン》にも繋がる。

《ナウ・オア・ネバー》も呼び出し手段として有用。自身の能力で自身を出すことによって2回cipを使える。

《ミラクル・ミラダンテ》《革命の絆》革命0トリガー元としても優秀で、それらで呼び出したコスト踏み倒し系ブロッカーからさらにこれを呼び出すのが強力。シールド0枚の状況から相手の攻撃を完全にシャットアウトするほどのブロッカーを展開する余地がある。攻撃ステップでの展開のため、アタックトリガーオールタップ手段でも使われない限りタッパーも受け付けない。

環境において [編集]

登場から永らくこれといった活躍がなかったが、DMPCD-01DMPCD-02期に《超七極 Gio/巨大設計図》【4色ウェルキウス天門】オリジナル環境で流行すると、確率次第だが大量に溜め込んだ手札を盤面に一気に変換できる札として需要が拡大。

登場当初と比べてブロッカーも質が向上し、ガチンコ・ジャッジ特化デッキと軽量デッキのガチンコ・ジャッジ性能差が大きく開いたため、有利対面では《轟破天九十九語》に勝るとも劣らぬフィニッシュ力を発揮する。出ることそのものを阻害されさえしなければ《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》コスト踏み倒しメタを始めとするシステムクリーチャーを無効化できるため、それこそやっていることは《轟破天九十九語》と大体変わらないか、自軍のみ一方的にcipを使えるだけそれを凌ぐとも言える。

ただし、ガチンコ・ジャッジの不確実性が重いため、入れて2枚のサブ運用が主体。

DM23-BD2DM23-BD3期オリジナルで【白赤カウンター】が流行すると、選択枠だが投入するデッキでは3枚以上まとまった数入れることもある。全カードがコスト7以上という構築例も珍しくなく、ガチンコ・ジャッジの勝率は折り紙付き。派生形の【白単カウンター】では4枚積みされる場合もある。【青黒緑CRYMAX ジャオウガ】のような山札全てのカードガチンコ・ジャッジに勝つことも期待できる対面では、ガチンコ・ジャッジループして山札操作することもできる。そうなれば《光の兄妹 るる&ルシファー》のようなキャントリップ持ちで好きなカード手札補充しつつ、それがコスト踏み倒し範囲内なら即座にバトルゾーンに出せる。

その他 [編集]

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

真実の名 タイガー・レジェンド VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 7500
ブロッカー
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、自分が負けるか、6回勝つまで、相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分がガチンコ・ジャッジに勝った数まで、自分の手札から「ブロッカー」を持つ光または無色の、進化でないクリーチャー1枚をバトルゾーンに出してもよい。

DMPP-21で実装。

cipガチンコ・ジャッジに6回という上限が付き、踏み倒し対象に無色ブロッカーが追加された。

《聖騎士ヴォイジャー》《先導の精霊ヨサコイ》コスト軽減すれば、手打ち《ヘブンズ・ゲート》より1ターン早く行動を開始できるのが強み。

  • 踏み倒しできる最大数は、全勝して6体までである。これは、デュエプレの7体の盤面制限に由来しており、《真実の名 タイガー・レジェンド》自身で1枠使っていることで残りの枠は6つしか残っていない。
    • 《ウソと盗みのエンターテイナー》で即座に《タイガー・レジェンド》が離れてしまっていたり、既に枠を使っていて5つ以下しか空きがない場合は考慮されていない。バトルゾーンを溢れるようにクリーチャーを踏み倒そうとすることはできるが、入らなかったぶんはルールによって墓地に置かれる扱いとなり、「どこからでも墓地に〜」の効果は発動しない。

余談だが、「無色の非進化ブロッカー」というのはTCGだけに存在しているカードを含めても非常に数が少ない。

+  デュエプレ未実装の該当カード

サイクル [編集]

DMR-08の自分が負けるか中止するまでガチンコ・ジャッジを行うカード

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-21
    伝説の名は、新たな世界でも語り継がれる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]