《モノノフ・ルピア》 [編集]

最新バージョンの性能 [編集]

モノノフ・ルピア UC 火文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード/サムライ 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札から名前に《ボルメテウス》とあるクリーチャーを探索し、1枚を公開してもよい。その後、山札をシャッフルし、公開したカードを山札の一番上に置く。
自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》は「攻撃する時、相手のシールド1つをブレイクする」を得る。

DMPP-09で登場したファイアー・バード

cipで山札からボルメテウスサーチしてトップに固定できる。《ボルメテウス・武者・ドラゴン》とシナジーがあるが、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》などもサーチの対象に含まれる。

自分の、名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を持つクリーチャーに、打点を増加させるアタックトリガーを付与する。
注意したいのは、この効果は武者のブレイク数を増やすのではなく、1ブレイクしてから武者の攻撃が処理される点。
もしその1ブレイクでS・トリガーを踏んで武者を除去された場合、武者の攻撃は中断されてしまう。
強制効果のため、クリーチャーへのタップキルの際もブレイクするので殴り返しながら相手のシールドを減らす利点はあるものの、トリガーを踏んで不利な状況になるリスクが高い。

サーチ面で似たような調整を受けた《ブレイブ・ルピア》とは異なり、こちらは1ターンの遅れは致命的である。
《ブレイブ・ルピア》で山上に固定された《ボルシャック・NEX》は次のターン引いて普通に召喚すれば特に問題はないが、《モノノフ・ルピア》の下方修正の主原因である【剣誠・ドラゴン】では、G・ゼロを達成しないと普通には召喚できない《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》を山上に固定することになる。すなわち、次の自分のターンにサムライ5枚以上を達成できなかったら、セルフドローロックをかけることになるのでリスクがかなり高い。

上記のリスクの高さにより、調整後は【武者・ドラゴン】【剣誠・ドラゴン】共に採用率を大きく落としている。

  • 「モノノフ」とは、「武士」の大和言葉としての訓読み。イラストでも《ムシャ・ルピア》《アシガ・ルピア》と同じく、戦国時代の武士を想起させる装備をしている。
    • ちなみに実際の「武士(もののふ)」は、戦場で戦う「兵士」だけでなく、「武官」や「兵法家」も含まれる。

アップデート履歴 [編集]

2021年5月27日に使用可能になってから、2021年8月26日実施のメンテナンスまでの91日間、種族にサムライを持っていなかった。

2021年8月26日の変更から、2022年3月24日実施のメンテナンスまでの210日間、以下のような性能だった。

モノノフ・ルピア UC 火文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード/サムライ 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札から名前に《ボルメテウス》とあるクリーチャーを探索し、1枚を公開してから手札に加える。その後、山札をシャッフルする。
自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》は「攻撃する時、相手のランダムなシールド1つを墓地に置く」を得る。

《ボルメテウス》とあるクリーチャーを直接手札に加えることができた。
《ボルメテウス・武者・ドラゴン》シールド焼却アタックトリガーを付与することができた。

ブレイクすることを条件とする《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》とは違い、ブロックされる前にシールドを焼却してしまえるのは大きい。
《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》もサーチできる。《モノノフ・ルピア》を含め自分のサムライが5枚以上あればすぐにG・ゼロで出せた。

  • 元々ボルメテウス系は相手のシールドを焼却する能力を持つクリーチャーが多いが、《武者》はボルメテウスだが相手の焼却は持たない。(自分への焼却はある。)そのような《武者》にシールド焼却をさせるためのデザインなのだろうか。

TCG版 [編集]

モノノフ・ルピア R 火文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード/サムライ 2000
このクリーチャーが出た時、自分の山札を見る。その中から、名前に《ボルメテウス》とあるクリーチャーを1体相手に見せ、手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》が攻撃する時、相手のシールドを1つ選び、持ち主の墓地に置く。

DMPCD-02で逆輸入された。なぜかレアリティがレアに格上げされている。

全盛期のプレイス版と性能は変わらないが、TCG版はボルメテウスが数多く存在するので、すべてのボルメテウスをサーチすることが可能。
【ボルメテウスコントロール】にうってつけと言える能力であり、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》をサーチすることで専用サポートの《希望と勝利の伝説》に繋げることができる。
特に4マナ→5マナとマナカーブが出来ているのも大きい。

《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》とのシナジーも高い。
サーチの際には《「ボルメテウス」・剣誠・ドラゴン》なので問題なく参照でき、シールド焼却の疑似付与の際には《ボルメテウス・武者・ドラゴン》の名前追加の能力のおかげで対象に含まれている。《モノノフ・ルピア》自身がサムライという部分も《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》G・ゼロ条件の頭数に入ることから、このクリーチャーと同じターンに召喚することも狙える。

他にも《紫電ボルメテウス・武者・ドラゴン》と組んだ場合、シールド焼却紫電効果と凄まじいシナジーを発揮するため、5枚のシールドをすべて叩き割ることも理論上可能。

また、《竜装 ムシャ・レジェンド》との相性も悪くはなく、クロス先が名前に「ボルメテウス・武者・ドラゴン」を持つようになるため、シールド焼却を付与できる。
このクリーチャーにクロスさせて単体で発動させるのも面白いが、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》など、ブレイク置換効果を持つボルメテウスにクロスさせた場合、攻撃するだけで、相手はブロックの有無にかかわらずシールド焼却を食らうこととなる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 1つ目の能力について

Q.《超竜Bクリムゾン》は名前のルビにボルメテウスとありますが、《モノノフ・ルピア》の「出た時」の能力で山札から手札に加えられますか?
A.はい、手札に加えられます。カード名を参照する際は、ルビも含めて参照します。
引用元(2022.1.14)