(あお)熱剣(ねっけん) デカベッタ》 [編集]

蒼き熱剣 デカベッタ VR 水文明 (5)
クリーチャー:ムートピア 3000+
S・トリガー
ブロッカー
このクリーチャーがタップした時、バトルゾーンにある相手の、コスト4以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻してもよい。
シビルカウント3:自分の水のクリーチャーまたは水のタマシードが合計3つ以上あれば、このクリーチャーのパワーは+6000され、「W・ブレイカー」を得、相手に選ばれない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

DM22-RP1で登場したムートピア

S・トリガーを持つ基礎パワー3000のブロッカーであり、タップ誘発で相手限定だがコスト4以下を対象とするバウンス方式のカード指定除去を放つ。

さらにシビルカウント3でパワー9000のアンタッチャブルW・ブレイカーに育つ。

防御札でありながら選ばれない高打点の側面も併せ持ち、普通に召喚することも可能なコストで、さらに強力なタップ誘発まで持ったハイスペックなクリーチャー。

シビルカウントなしでのスペックも決して低くはないが、横展開が得意な文明種族を生かして早期達成を狙いたい。一旦選ばれなくなってしまえば後続のシビルカウントも達成しやすくなり、《Drache der'Zen》の頭数にもなる。デザイナーズコンボだろう。

《バイケンの海幻》の踏み倒しに対応している。タップ誘発を確実に使えるようになるので一考の余地はあるだろう。

ムートピアであるため《一番隊 ザエッサ》《真海の覇王 ググッピー》による2種の軽減を受けられる。
【ムートピア】においては八面六臂の活躍をしてくれるだろう。

《伝説の正体 ギュウジン丸》で相手のクリーチャーを全て除去し、次のターンにワールド・ブレイク、《異端流し オニカマス》でダイレクトアタック、というのが長い間【ムートピア】における必勝形だったが、このクリーチャー2体と《オニカマス》2体で信頼性の高いリーサルを組めるようになった。
《ギュウジン丸》との同時採用も考えられる。選ばれない能力と頭数を参照する能力の相性が極めて良いためである。ちょうど全体除去カード指定除去で苦手を補いあえるのも良い。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《蒼き熱剣 デカベッタ》の「タップした時」の能力で、相手の《大魔王 ウラギリダムス》の下にある《超七極 Gio/巨大設計図》を、コスト4以下のカードとして手札に戻せますか?
A.はい、手札に戻せます。カードの下にあるツインパクトカードを、カードを選ぶ能力で指定する場合、両側のコストを持つものとして扱います。《超七極 Gio/巨大設計図》の呪文側のコストは2ですので、《蒼き熱剣 デカベッタ》の能力で手札に戻せます。

+  総合ルール 200.3a 808.1.

引用元(2022.9.16)