(はし)らせぬ(もの) カエランコ》 [編集]

走らせぬ者 カエランコ UC 水文明 (2)
NEOクリーチャー:ムートピア 2000
NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
相手のクリーチャーが、バトルゾーンに出たターンに攻撃する時、自分はカードを2枚引いてもよい。

DMRP-08で登場したムートピア

相手の進化クリーチャースピードアタッカーマッハファイターなどの攻撃に反応してドローすることができる。

攻撃するとこちらにアドバンテージを与えてしまうため、相手のビートダウンに対する抑止力として機能する。ただ攻撃自体を直接止められるわけではないうえに、前のターンからバトルゾーンにいたクリーチャー攻撃には反応しないのが難点。
またそのターンで相手が勝ちきれると判断した場合、多少のドローなど気にせず攻撃してくることも十分ありえるため、あくまで牽制程度に考えておいた方がいいだろう。

能力自体は悪くないが、システムクリーチャーチックな能力とNEO進化との噛み合いがあまりよくないのもネック。とはいえいざという時には召喚酔いしないアタッカーになれると考えればそれなりに便利ではあるため、結局は使い方次第である。

《南海の捜索者 モルガラ/トリプル・ブレイン》【赤青ドギラゴン剣】に採用されてチャンピオンシップで結果を残したように、相手の攻撃を牽制しつつビートダウンパーツを回収する要員としての採用が主となるか。

  • 二つ名の「走らせぬ者」というのはビートダウンの始動を渋らせることを表わしていると思われる。「カエランコ」はアンコウ目カエルアンコウ科に属する魚類の総称「カエルアンコウ」からか。

収録セット [編集]

参考 [編集]