《ピクシー・コクーン》 [編集]

ピクシー・コクーン C 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー
クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから自分の手札に戻す。
この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりにタップして自分のマナゾーンに置く。

DM-13で登場した自然マナ回収呪文

擬似チャージャーを持ち、唱えた後はタップ状態でマナゾーンに置かれる。マナ回収というよりは入れ替えに近い。

似た様な効果を持つカードに《セイレーン・コンチェルト》もあるが、このカードはマナゾーンに「タップ」して置かれる為、後々におけるコンボ要員としての需要は天と地ほどの差が開いてしまった。もっともあちらは活躍し過ぎた結果殿堂入りと相成ったので、便利すぎるのも一長一短か。
こちらにも手札が減らないなど差別化点はあるので、上手く使い分けたい。

  • DMX-12フレーバーテキストは「ポケットモンスター」の楽曲「ポケモン言えるかな?」のオマージュだと思われる。「ピクシー」も「コクーン」もポケモンの名前として存在していることが由来だろう。
    DMX-12に収録されているカードは152種あるため、実際のところ100種類では「まだまだ」である。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ピクシー・コクーン UC 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー
自分のマナゾーンからクリーチャーを探索し、1枚を手札に戻す。
この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。(ただし、使用可能マナは増えない)
  • マナの扱いの仕様により、「マナの支払いに使ったカード」という概念がなく、どのカードを回収してもアンタップマナは減らない。
  • 探索のため、目当てのクリーチャーを回収できない可能性がある。その場合でも強制でどれかを回収しなくてはならない。

このカードを使えばマナを減らさずに《ダイヤモンド・ブリザード》をマナゾーンから救出できる可能性がある。

火文明も採用したデッキの場合、《翡翠と紅玉の炸裂》がライバルとなりうる。そちらはマナが減るが相手のパワー6000以下を1体破壊できる。

DMPP-14以降は超次元を主軸にしたデッキが主軸になったことにより、《フェアリー・ライフ》と共に序盤にマナ加速要因として重宝された。
採用されるクリーチャーが少ない為、探索である点が気にならず必要に応じて《天雷の導士アヴァラルド公》《爆竜 GENJI・XX》を回収できるのが強み。

  • DMPP-11実装後しばらくの間、マナからのクリーチャーの回収が任意になっているというバグがあり、《フェアリー・ライフ》すら上回ると言える性能になっていた。現在は修正済み。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]