K(ケー)・アトラン(アンド)キング海賊団(かいぞくだん)/アイアイサー・チャージャー》 [編集]

K・アトラン&キング海賊団 UC 水文明 (5)
クリーチャー:サイバー・ウイルス海 13000
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーは攻撃できない。
各ターンのはじめに、このクリーチャーをアンタップする。
アイアイサー・チャージャー UC 水文明 (3)
呪文
呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。
チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く)

DM23-BD6で登場したサイバー・ウイルス海呪文ツインパクト

クリーチャー側は各ターンの初めに自身をアンタップする、攻撃できない5コスト13000ブロッカー

アンタップのタイミングは「自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする」とは微妙に異なるが、対戦ではほぼ同様に扱うことができる。
最も近いのは《閃光の求道者ラ・ベイル》か。

しかし、水文明攻撃できないブロッカーが持ってしまっていることで殴り返しが出来なくなっているため、1対1の対戦では自分のターン中に能動的にタップできることが少なく、あまり噛み合っていない。

フリーズ《Dの牢閣 メメント守神宮》に強く出られるくらいに思っておき、単にパワーが高いブロッカーとして使うことになるか。
コスト5にしてT・ブレイカーの基準となるパワー12000すら受け止められるスペックは案外馬鹿にならない。

多人数戦では複数のプレイヤーの攻撃をブロックできる。
集中攻撃から身を守り自分に攻撃しても意味がない状況を作りやすいほか、殴り返しができないということは裏を返せば他のプレイヤーになら攻撃してもこの高パワーが脅威にならないということでもあり、相手同士の潰し合いを仕向けられるかもしれない。

呪文側は呪文1枚墓地回収を持つ3コスト単色チャージャー

単純にコストパフォーマンスが良く、手札が減らないマナブーストの中でも特に質が高いと言えるだろう。
ただし、最序盤では墓地が肥えておらず、回収できるカードがないということも考えられるため、そこは良し悪しか。

《フェアリー・ライフ》などの2コストマナブーストから繋ぎ、このカードは確実にアンタップインするため浮いたマナで回収した2コストマナブーストを再び唱えれば2→4→7の動きも可能。

意外なことにサイバー種族を持つため、ツインパクトマナ加速を含めて【アマテラス・キリコ】でも適正がある。
《蒼狼の大王 イザナギテラス》で唱えたい呪文をサルベージしつつ、中盤以降は壁役兼進化元になれる。

3コストチャージャーということで、【カリヤドネループ】にも一定の適性がある。
ただ、《魔導管理室 カリヤドネ》本体で唱えた呪文山札の下に置かれるため、呪文墓地回収とは若干アンチシナジー。
ループに組み込むなら少し頭を使う必要がある。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]