パワード・ブロッカー [編集]

DM22-RP2で登場したキーワード能力

パワード・ブロッカーを持つクリーチャーは、その数字だけパワーが上がる。「ブロック中」とあるが、実際には総合ルール510.2.により攻撃終了ステップまで上昇し続ける。「バトル中」とは異なるので注意。

全文は以下の通り。XXXXには数字が入る。

パワード・ブロッカー+XXXX(ブロック中、このクリーチャーのパワーを+XXXXする)

この能力そのものにはブロックを許可する性質はないため、万が一ブロッカーを持たないクリーチャーがこの能力を得たとしても、何も効果は発揮されない。
以下の《AQcess》では、「ブロッカー」と「パワード・ブロッカー+4000」が2行に分けて書かれている。

AQcess C 水文明 (3)
クリーチャー:マジック・リキッド・ピープル 4000+
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
パワード・ブロッカー+4000(ブロック中、このクリーチャーのパワーを+4000する)

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《死神術士デスマーチ》の攻撃を《AQcess》でブロックしました。パワーを増減する能力が2つありますが、この場合の処理はどうなりますか?
A.結果的に、相手の《死神術士デスマーチ》だけが破壊されます。
まずブロックした時点で《AQcess》の「パワード・ブロッカー」が適用され、その後、実際にバトルする時に《死神術士デスマーチ》の「このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーを–4000する。」が解決されます。
《AQcess》がバトルに勝った後、バトルの終わりに《死神術士デスマーチ》の効果が消滅し、その後、攻撃終了ステップに入ってから「パワード・ブロッカー」の効果が消滅します。
引用元(2022.12.16)