《そのウサギ、クセ(もの)につき》 [編集]

そのウサギ、クセ者につき VR 闇/自然文明 (2)
NEOクリーチャー:ドリームメイト/ヒューマノイド/ハンター 2000+
NEO進化:多色クリーチャー1体の上に置いてもよい。(カードが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
このクリーチャーが出た時、自分の手札を1枚、マナゾーンに置いてもよい。
自分のマナゾーンにあるカードを、すべての文明のカードとして扱う。
これがNEO進化クリーチャーなら、このクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与え、バトルゾーンにある自分の文明1つにつき、このクリーチャーのパワーを+2000する。

DMEX-19で登場した/自然ドリームメイト/ヒューマノイド/ハンター

僅か2コストで《大冒犬ヤッタルワン》cip《薫風妖精コートニー》常在型能力を使用可能。
更にNEO進化クリーチャーであればパンプアップパワード・ブレイカーも得る。
《一族 ダママ》と比較してもコストパフォーマンスは歴然である。

種族も良好で、序盤~終盤を問わず様々な活躍が期待できる。

4つ目の能力カードタイプの指定が無く、禁断の鼓動タマシードなどの非クリーチャーもカウントできる。
このクリーチャーNEO進化クリーチャーにした場合、自身が2色であるため最低でもパワー6000のW・ブレイカーとなる。勿論、五文明揃えば2マナのT・ブレイカーに。
2コストの打点としては高い方なので、5色デッキにおける速攻への逆襲としても期待出来る。

染色ギミックのあるコンボデッキでは初動マナブーストも兼ねているため、新たなパーツとして使えそうである。
手札消費が目立つものの、cipと併せて次のターンにマナ武装多色4を達成できる。《獅子王の遺跡》で7マナに到達出来るのは魅力。
ただし、《薫風妖精コートニー》《薫風妖精Re:コートニー》スノーフェアリーであることが重要視されるため、純粋な代替品にはならない。【ラララオプティマス】ではまずそれらが優先されるだろう。

  • 同弾収録の《ジョリー・ザ・ジョニー Final》は天敵。このカードがいるだけで相手は《ジョリー・ザ・ジョニー Final》を0コストで出せてしまう。ウサギ団がジョニーのカードを奪おうとして失敗続きであることを考えると、そういう意味でもウサギ団らしいカードと言えるか。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考タグ [編集]


[1] これまでの最軽量は《ぽぽどーどー》などの5コスト