【ヘルラッシュM】 [編集]

《超電磁ヘルラッシュM》専用デッキ

ブレイク・ボーナスで味方限定の《転生プログラム》のような効果を使える《超電磁ヘルラッシュM》だが、進化するには当然進化元が必要で、その上転生させるにも破壊用の軽量クリーチャーも欲しくなり、結果としてメインデッキの大型クリーチャーの割合やヒット率を確保できないという欠陥を抱えていた。

時は流れ、山札以外に進化元や破壊の素材を置ける超次元ゾーン超GRゾーンの登場によりメインデッキの比率の常識が変わっていった。
さらに、メインデッキに積める非クリーチャーの進化元であるタマシードも登場したことにより、ようやく前述の欠陥が改善されたデッキが組めるようになった。

サイバー進化元と巨大クリーチャーを一定割合採用するため《エンペラー・キリコ》も採用される。そのため、一種の【エンペラー・キリコ】と呼べなくもない。

超電磁ヘルラッシュM R 水文明 (6)
進化クリーチャー:サイバー・コマンド 7000
進化−自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。
W・ブレイカー
ブレイク・ボーナス
BB-自分の他のクリーチャーを1体破壊する。そうした場合、自分の山札の上から、クリーチャーが出るまでカードを表向きにする。そのクリーチャーをバトルゾーンに出してもよい。その後、表向きにしたそれ以外のカードをすべて山札に戻し、シャッフルする。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

超GRゾーン [編集]

このデッキの回し方 [編集]

マナブースト手札補充で準備を進め、6マナ貯まって転生元と進化元が用意できたら《超電磁ヘルラッシュM》召喚

そのままブレイク・ボーナスを狙い、ファッティ踏み倒したらロックなどを活かして追撃する。

短所 [編集]

ワンショットではなく、最初の2点ブレイク除去S・トリガーを踏んだ時点でコンセプトが崩壊する。

一応《エンペラー・キリコ》での展開や《流星のガイアッシュ・カイザー》を利用しながらの召喚などサブルートは存在するが、前者は進化元が必要な事、後者は素出しの場合出してターンを返すことが普通な事から、除去を受け付けるタイミングは多い。

基本的にGR召喚メタ、コスト踏み倒しメタ、攻撃制限タップインなど、各種対策が引っ掛かる。

しかし何といっても転生元を用意するためにGR召喚手段で枠を一定割合埋めるざるを得ないことや《超電磁ヘルラッシュM》の能力を使うぐらいなら進化元の共通する《エンペラー・キリコ》に特化した方が合理的なことから、基本的に【エンペラー・キリコ】の劣化に過ぎない。

参考 [編集]

タグ: デッキ集