Dis(ディス)ノメノン》 [編集]

Disノメノン R 水/火/自然文明 (3)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト/ディスタス 5000
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
マッハファイター(このクリーチャーは、出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
ジャストダイバー(このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーは相手に選ばれず、攻撃されない)
このクリーチャーがバトルに勝った時、自分の山札の上から1枚目を見て、手札に加えるかマナゾーンに置く。

DMRP-18で登場した//自然ジャイアント・インセクト/ディスタス

スピードアタッカーマッハファイタージャストダイバーという、所持する文明の定番キーワード能力を3つ併せ持ち、さらにバトルに勝った時山札の1枚目を手札マナゾーンに加えることができる。

「バトルに勝った時」という能力マッハファイターシナジーを形成しており、相手のパワー5000未満のクリーチャー除去しつつ手札補充またはマナブーストができる。
パワー5000というと、《とこしえの超人》を一方的に討ち取れるラインであり、勿論《天災 デドダム》も範囲に入る。

この手のクリーチャーにありがちな問題として、「除去できる相手クリーチャーがいなければ能力を発揮できない」という点があるのだが、このクリーチャースピードアタッカージャストダイバーを持ち合わせることで解消している。
的になる相手のクリーチャーがいなくても除去されにくいアタッカーとして運用することができるので、相手プレイヤーへのダイレクトアタックのための最後のひと押しに期待できるだろう。
単体除去ではどかせず、全体除去でも生半可な火力パワー低下では倒されないため、序盤に出たこのクリーチャーに対処するのは中々難しい。
ただしジャストダイバーではこのクリーチャーに対するブロックは防げない。バトルに勝てさえすれば山札をめくれるのでチャンプブロックには耐性があるが、このクリーチャーよりパワーが高いブロッカーには簡単に阻まれてしまう。特に高パワーの多いガードマンは意識する必要があるだろう。

スピードアタッカーを持つ自然の3コストクリーチャーなので《S級原始 サンマックス》とも好相性。素でバトルに勝てる相手に対して進化せずに挑みかかってバトル勝利時能力を使い、そうでない相手に対しては《S級原始 サンマックス》に進化させて強化するのが賢明。

総じて、ビートダウンでもコントロールでも序盤での活躍は大いに期待できるが、過信は禁物。

バトルで除去しつつアドバンテージを稼ぐのは《“乱振”舞神 G・W・D》に似通っているが、あちらとは違い相手のシールドを割らずにバトルを仕掛けることができ、自壊デメリットがないどころか耐性があるため、使い勝手は全く異なるだろう。

なお、手札に加えるかマナゾーンに置く効果は強制である。そのためバトルに勝つと山札が必ず1枚減る。1枚しか動かさないのでライブラリアウトは中々しないだろうが、山札が少なくなる局面では一応注意したい。

環境において [編集]

DMEX-16期になると【モモキングRX】折衷型の【青赤緑ドギラゴン閃】環境に浸透し、その主要パーツとして活躍を始めた。

このカードが跋扈したことで《異端流し オニカマス》が色の合うビートダウンに袖にされるようになり、除去耐性が無い代わりにメタ能力が遥かに優秀な《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》が主流化したと言われる。

DMBD-16DMBD-17期に【赤緑ボルシャック】が確立されると、そちらに入る《ボルシャック・ドギラゴン》ジャストダイバーで貫通するダイレクトアタック要員としても開花した。

ところがDMEX-17発売からしばらくすると、初動としてより確実な上に花形であるドラゴン指定進化クリーチャーとの相性も抜群の《ボルシャック・栄光・ルピア》に立場を譲ることが増えるようになった。無理に《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命でこのクリーチャーを狙って見切り発車的にワンショットしなくとも、《キャンベロ <レッゾ.Star>》で蓋をすれば取り敢えず【我我我ブランド】【ドギラゴン閃】は見ることができるというのもある。

それがDMRP-20発売を機に【獅子王ヴォルゼオス】が成立すると、《Volzeos-Balamord》《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》アタック・チャンスにより唱えた際に呼び出すダイレクトアタック要員として需要が回復。

その他 [編集]

関連カード [編集]

デュエルマスターズ屈指の性能を持つ、初動となる3コスト3色カード

収録セット [編集]

参考 [編集]