《ジョギラゴン(アンド)ジョニー 〜J(ジェイ)旅路(たびじ)〜》 [編集]

ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜 SR 無色[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン 10000
革命チェンジ:コスト5以上のジョーカーズ(自分のコスト5以上のジョーカーズが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。こうして捨てたカードがジョーカーズなら、そのカードの「このクリーチャーが出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。
相手は、自身のターンに1枚しか呪文を唱えられない。

DMEX-12で登場したジョーカーズ・ドラゴン

宇宙に旅立った《The ジョギラゴン・アバレガン》《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》のその後を描いたカード。
初となるジョーカーズを指定する革命チェンジを持っている。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》ジョーカーズcipを使う能力と、《ゴールデン・ザ・ジョニー》呪文に回数制限をかける能力を受け継いでいる。
ただし、《ゴールデン・ザ・ジョニー》はどのターンでも1ターン1回だが、《〜Jの旅路〜》は自分のターンには何度でも唱えられてしまう。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》と比べるとパワーが下がり、スピードアタッカーを失っている。しかし3ターン目に場に出すには《ヤッタレマン》複数が必要など、手札の要求値が高かったあちらに対し、革命チェンジによって奇襲性が高まり、3ターン目に出しやすいのが明確な利点。
高速化した環境において、1ターン速いというのは非常に大きく、《燃えるデット・ソード》の効果を使えば、速い段階でのランデスにより相手に何もさせずに勝つということもあり得る。
効果の組合せについては《ジョット・ガン・ジョラゴン》を参照。

呪文の使用回数を制限する常在効果は地味だが、軽量呪文の連打が必要な【青魔導具】や一部のループデッキにとっては厄介な効果になり得る。
バウンスしても再着地が容易である点も含め、意外なところで活きる可能性がある。使う上で覚えておいて損はないだろう。

環境において [編集]

DMEX-12で登場するなり、【ジョット・ガン・ジョラゴン】をメタ格に復帰させた立役者となった。

また、【バーンメアジョーカーズ】のパーツとしても頭角を現した。超GRに5コスト以上の疑似スピードアタッカージョーカーズを4枚程度積めば革命チェンジに困らない上に、手札に余った(あるいは手札に戻した)《バーンメア・ザ・シルバー》を捨てれば打点補強に繋がる。

王来MAX環境では《めっちゃ! デンヂャラスG3》cipを使い、G・ブレイカー付与による大量ブレイク暴発を活かしてワンショットする【旅路G3】が作られオリジナルアドバンス両方で一定の成果を収めた。

《ジョリー・ザ・ジョニー Final》の登場を機に、オリジナル【無色ジョーカーズ】のパーツとしてポツポツと入賞するようになった。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

《ニクジール・ブッシャー》リスクと代償は大きいが1ターン目からバトルゾーンに出せる。
《The ジョラゴン・ガンマスター》
《The ジョギラゴン・アバレガン》
コスト5以上のジョーカーズGRクリーチャー
運任せだが、《TOKKO-BOON!》を唱えてこれらの内どちらかが出せれば、2ターン目に革命チェンジ可能。
《キャタピラ親方》
《チキン・タッ太》
J・O・E込みで4マナで出せる、コスト5以上でスピードアタッカーを持つジョーカーズ
《ヤッタレマン》《ジョラゴン・オーバーロード》を組み合わせれば3ターン目にバトルゾーンに出すのも狙える。
《イッスン・スモールワールド》
《ゴールド・キンタックス》
《ロビンソン・ジャングルーソ》
キリフダッシュ4とスピードアタッカーを持つ、コスト5以上のジョーカーズ
《ヤッタレマン》《タイク・タイソンズ》を組み合わせれば3ターン目にバトルゾーンに出すのも狙える。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《燃えろ!アポロソくん》が攻撃する時《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の「革命チェンジ」能力を宣言をしました。入れ替えてから《燃えろ!アポロソくん》の「攻撃する時」の能力と《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の「出た時」の能力は、どちらから先に解決しますか?
A.好きな順番で、待機中の効果を解決することができます。また、入れ替える前に《燃えろ!アポロソくん》の「攻撃する時」の能力で自分のシールドを1つブレイクすることもできます。

+  (総合ルール 110.5a 603.2)

引用元(2020.12.15)

Q.自分の手札に《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》があり、自分のマナゾーンに《オラマッハ・ザ・ジョニー》がある状況です。自分の《ソーナンデス》が攻撃した時、自分は《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の「革命チェンジ」の宣言をしました。先にマナゾーンの《オラマッハ・ザ・ジョニー》と「Jチェンジ」を行ってから、その《オラマッハ・ザ・ジョニー》《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》を「革命チェンジ」で入れ替えられますか?
A.いいえ、できません。「革命チェンジ」を宣言した時点での攻撃クリーチャーは《ソーナンデス》ですので、先に「Jチェンジ」で別のクリーチャーと入れ替えた場合、更に入れ替えることができません。「革命チェンジ」を先に解決した場合も同様で、入れ替えたクリーチャーをマナゾーンのクリーチャーと更に入れ替えることはできません。
引用元(2021.9.24)

  • 3つ目の能力について

Q.《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》をバトルゾーンに出し、その能力で手札から《ジョギラゴン&ジョニー ~Jの旅路~》を捨てました。効果により、その「バトルゾーンに出た時」で始まる能力を使う場合、「こうして捨てた~」以降の能力も使えますか?
A.はい、使えます。さらに、その能力で捨てたカードがジョーカーズなら、それが持つ「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を使うことができます。
引用元(2020.7.17)

Q.《ジョット・ガン・ジョラゴン》がバトルゾーンにいる状況で、自分は手札から《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》を捨てました。この「ジョラゴン・ビッグ1」でGR召喚した2体のGRクリーチャーは「スピードアタッカー」を得ますか?
類似例:《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》
A.はい、2体とも「スピードアタッカー」を得ます。
引用元(2021.12.17)

Q.《SMAPONの心絵》を捨てた時、《ジョット・ガン・ジョラゴン》の「ジョラゴン・ビッグ1」はトリガーしますか?
類似例:《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》
A.トリガーしますが、結果的に何も起きません。《ジョット・ガン・ジョラゴン》の「ジョラゴン・ビッグ1」は、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」もしくは「このクリーチャーが出た時」で始まる能力しか使えません。
引用元(2022.4.8)

  • 4つ目の能力について

Q.自分のターン中、相手の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がいる状況で、自分は《【神回】バズレンダでマナが大変なことに?!【驚愕】》を追加で6コスト支払って唱えました。山札の上から1枚目をマナゾーンに置いた後、さらにもう2回山札の上からカードを1枚マナゾーンに置けますか?
A.はい、使えます。「バズレンダ」は呪文の能力を追加で使うだけなので、呪文を再度唱えたことにはなりません。
引用元(2021.9.24)

Q.自分のターン中、相手の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》と自分の《氷牙の魔筆マクシミリアン王》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《魔弾バレット・バイス》を唱えました。効果で相手が手札を捨てた後、「ナイト・マジック」の効果と《氷牙の魔筆マクシミリアン王》の効果でさらにもう2回使えますか?
A.はい、使えます。「ナイト・マジック」や《氷牙の魔筆マクシミリアン王》の能力は、呪文の能力をもう一度使うだけなので、呪文を再度唱えたことにはなりません。
引用元(2021.9.24)

Q.自分のターン中、相手の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》をバトルゾーンに出しました。「出た時」の能力で墓地から呪文を3つ選び、1つ目に《スパイラル・ゲート》を唱えて、効果でこの《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》を手札に戻した場合、2枚目以降の呪文を唱えられますか?
A.はい、唱えられます。《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》の「出た時」の能力で選んだ呪文は1枚ずつ唱えます。1枚目を唱えて解決したあとで《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》が離れているため、2枚目以降についても唱えることができます。
引用元(2021.9.24)

Q.自分のジョーカーズが攻撃した時、自分は《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》に「革命チェンジ」しました。「出た時」の能力でカードを1枚引き、《アイアン・マンハッタン》を捨て、その「出た時」の能力で相手のシールドを2つ残し、他のシールドをブレイクしました。その後、《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の攻撃は相手のブロッカーによってブロックされましたが、その攻撃の終わりに、自分は「キリフダッシュ」の宣言ができますか?
A.はい、できます。《アイアン・マンハッタン》の「出た時」の能力でブレイクする効果の発生源は《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》になります。
引用元(2021.9.24)

Q.相手の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンにいる状況です。自分のターン中に《トライガード・チャージャー》を唱えて、表向きの《剣参ノ裁キ》を手札に加えた時、そのカードを捨てて《魂穿ツ煌世ノ正裁Z》の「サバキZ」の使用を宣言できますか?
類似効果:S・バック
A.いいえ、呪文の「サバキZ」の宣言はできません。《トライガード・チャージャー》を唱えた時点で《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》の「相手は、自身のターンに1枚しか呪文を唱えられない。」の効果が適用されますので、唱えられない状況では、カードを捨てることも宣言することもできません。
引用元(2021.9.24)

Q.相手の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンにいる状況です。自分のターン中に《マーシャル・クイーン》を出し、「出た時」の能力で《龍脈術 水霊の計》《サイバー・ブレイン》をシールドゾーンに置き、その2枚を手札に加える時、この2枚の「S・トリガー」の宣言はできますか?
A.はい、2枚の「S・トリガー」の宣言ができます。最初に《龍脈術 水霊の計》を唱え、効果で《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンを離れた場合、2枚目の《サイバー・ブレイン》も唱えられます。最初に唱えた呪文の効果で《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンを離れなかった場合は、2枚目の呪文は唱えられず、手札に残ります。
引用元(2021.9.24)

Q.自分の手札に《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》が2枚あり、自分のターン中、まだ1枚も呪文を唱えておらず、相手の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンにいる状況です。自分の《禁断竜王 Vol-Val-8》が攻撃する時、手札の《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》2枚の「アタック・チャンス」の使用を宣言できますか?
A.はい、2枚の「アタック・チャンス」の使用宣言ができます。1枚目の《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》の効果で《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンを離れた場合、2枚目の《禁断竜秘伝エターナルプレミアムズ》も唱えられます。1枚目を唱えた後で《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》がバトルゾーンに残っていた場合、2枚目は唱えられず、手札に残ります。
引用元(2021.9.24)