《チェンジの海幻(ビジョン) [編集]

チェンジの海幻 R 水文明 (3)
タマシード:ポセイディア・ドラゴン/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、次の自分のターンのはじめまで、相手はターン中2度しかクリーチャーで攻撃できない。
自分のターンのはじめに、このタマシードが自分の墓地にあり、バトルゾーンに自分のタマシードがあって《チェンジの海幻》がなければ、このタマシードを出してもよい。

DMRP-22で登場したポセイディア・ドラゴン/レクスターズタマシード

cipで相手のクリーチャーの攻撃回数を制限する能力ターン開始時に自分のタマシードがあり《チェンジの海幻》がなれば、自身をリアニメイトする能力を持つ。

cipは、最大2回まで攻撃回数を制限できるが、相手のクリーチャーが2体以下だと効果が薄い。
特に王来MAX環境では、クリーチャーよりもタマシードが並ぶ場面が多いため、刺さりにくい。
ほぼ無限アタッカーに近い挙動を取る【モモキングJO】に対して有効。
また、この効果はプレイヤーに対して掛かるためこのタマシードが出た後に出したクリーチャーに対しても有効。

リアニメイト能力は、《アストラルの海幻》《シュウマツ破鬼の封》手札交換捨てることで、リアニメイトの条件を自動で満たせる。
タマシードなので召喚ロックに引っかからず、進化クリーチャーを出す分のマナを節約しつつ進化元になることができる。
進化元にしてしまえば《チェンジの海幻》は無いものとして扱われるためもう一度別の《チェンジの海幻》をリアニメイトできる。
鬼S-MAX進化能力を使うなら優先的に墓地送りしたいカードである。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 3つ目の能力について

Q.自分のターンのはじめに、自分の墓地に《チェンジの海幻》が2枚あり、バトルゾーンに自分のタマシードがあります。この《チェンジの海幻》は2枚ともバトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、1枚しか出せません。それぞれの「ターンのはじめに」の能力は順番に解決し、2枚目の《チェンジの海幻》の能力を解決する時にはすでに1枚目の《チェンジの海幻》がバトルゾーンに出ていますので、2枚目を出すことはできません。
引用元(2022.6.24)