保留状態 [編集]

保留状態 [編集]

デュエル・マスターズにおいて、カードを使う時、またはカードがゾーンを移動する時になる状況。

かつてはどこでもないゾーンとしていたが2022年9月14日に総合ルールVer.1.32により、名称が「保留状態」に変更された。

ルール [編集]

  • すべてのカードは、ゾーン間をカードが移動するときに、それらのカード自身が自身や別のカードの効果の影響を受けないようにするため、その処理が終了するまでの間そのカードはどこでもないゾーン(保留状態)に存在させておく。(総合ルール 409.1.)
  • カードを使う際、そのカードはコストを支払う前に保留状態となり、保留状態でコストを支払う事になる。
    • ただし、マナ召喚などマナゾーンのカードを使う場合に限り、コストを支払ってから保留状態になるという順番に変わる。この事から、その使うカード自身を支払いマナとして扱うことができる。
  • この状態にあるカードは、他のカード効果などで参照されたりカウントされたりしない。
    • 例えば、マナゾーン以外のゾーンから《オールデリート》を唱えた場合、その唱えた《オールデリート》自身は山札に行かず、墓地から《怨念集結》を唱えた場合、唱えた《怨念集結》自身は墓地にあるカードとしてカウントされない。
    • これ以外の何らかの処理でカードの特性を参照する場合、保留状態前のカードとして扱われる。
      • 例えば、バトルゾーンに相手の《聖鎧亜キング・アルカディアス》と自分のマナゾーンのカードを多色にする《薫風妖精コートニー》がいる状態で、マナゾーンから元が単色のクリーチャーを出す場合、マナゾーンにあった時の文明が参照され、《キング・アルカディアス》の着地置換効果は発生せずにバトルゾーンに出る。
      • かつては、保留状態では《薫風妖精コートニー》の影響を受けないとして単色に戻り、《キング・アルカディアス》の効果を受けてしまうという裁定が下されていた。
  • この状態を証明するとき「解決中の呪文は「プレイしている」という意味でバトルゾーンと同じ場所に置かれることが多い。

過去の裁定 [編集]

  • 特定のゾーンから保留状態となった後に、再びそのゾーンに戻ってきた場合、『そのゾーンを離れたことにはならない』が『そのゾーンに置かれたことにはなる』という特殊な挙動になる時期があった。現在では消滅。
    • 前者について、例えば自分の《極幻空 ザハ・エルハ》がいる時に、ギャラクシーGOを持つクリーチャーをシールドゾーンから召喚した場合、そのクリーチャーはシールドゾーン→保留状態→シールドゾーンに移動するが、この場合シールドゾーンから全く移動していない扱いになる。そのため、「カードがシールドゾーンに置かれた時」「カードがシールドゾーンを離れた時」などの能力は誘発しない。
    • 後者の裁定を悪用したのが、【ケドケドベラドマイ】である。《バリバリ・ケドケド》がバトルゾーンにいる状態でも《陰陽の舞》の召喚宣言自体は可能であり、召喚宣言をした場合《陰陽の舞》はバトルゾーンに出ずにマナに置かれる。このときスペース・チャージ等の能力はトリガーするという裁定が出ていたため、この裁定を悪用し一時的に環境で活躍していた。
      • その後、召喚についてのルール変更があり、出せない状況では召喚宣言自体ができなくなってしまった。
        保留状態の策定により、召喚宣言は可能な「○○(ゾーン)を離れない」状態(例えば相手が《若き大長老 アプル》を出していて自分が《陰陽の舞》を召喚すること)で再現しても、置かれたことになるという裁定も損なわれ、友情コンボでも不可能になった。409.2a 保留状態になっているカードが元々置かれているゾーンに再度置かれた場合、そのゾーンにカードが置かれたことにはなりません。カードが置かれたことで誘発する能力は誘発せず、また、そのカードの位相は変化しません。

その他 [編集]

  • 俗に「解決領域」や「スタック」、「グレーゾーン」と呼ばれることがある。ただし、Magic:The Gatheringの「スタック」に関するルールとは大きく異なるので注意。
  • 「どこでもないゾーン」はデュエル・マスターズ総合ゲームルールで制定された。公式のかなり堅い文章内に突如間延びしたような名称が登場したため、プレイヤーの間で一時話題となった。制定した真木孝一郎氏にいたるまでネタにするほどである。
    • 結局この「どこでもないゾーン」という名称は「保留状態」へ変更されたため、ネタ感は拭された形になる。

参考 [編集]