掘師の銀(シルバー・スコップ) [編集]

掘師の銀 P(C) 自然文明 (4)
クリーチャー:ビーストフォーク/ハンター 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。その後、相手は自身のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。

DMD-03に収録された自然ビーストフォーク/ハンター

cipで各プレイヤークリーチャーを1体ずつマナゾーンに置かせる。
《霊騎ラグマール》相互互換である。

マナブーストかつ除去として使える強みは《霊騎ラグマール》から変わらない。
種族の変更により《大地のアニキ虎武流》などのハンターサポートに対応し、《スーパー大番長「四つ牙」》などの優秀な進化クリーチャー進化することができるようになった。

また、《天使と悪魔の墳墓》対策や《口寄の化身》でのドロー枚数を増やすために、両方をデッキに用いることもできる。

  • このカードは3回再録されているが、再録のたびに能力テキストが修正されている。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

掘師の銀 R 自然文明 (4)
クリーチャー:ビーストフォーク/ハンター 3000
バトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体をマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、相手は自身のクリーチャー1体をマナゾーンに置く。(ただし、使用可能マナは増えない)

DMPP-16で実装。レアリティレアに格上げされた。

cip能力の発動が任意になり、《リーフストーム・トラップ》とは異なり擬似マナタップインとなった。

  • 擬似タップインになったのは、クリーチャーでかつ自身と相手のメタクリーチャーをマナ送りできるので、ループに悪用されることを危惧されたのだろう。
  • また、デュエプレではマナゾーンカードタップアンタップといった位相の概念がないため、もしこのカードが擬似アンタップインで実装されていた場合《若頭 鬼流院 刃》進化クリーチャーとの組み合わせで大きくマナを回復させられた。
    • 例としてマナゾーンに《掘師》が1枚、自然進化ハンターが1枚、《鬼流院 刃》が1枚ある状態で、《鬼流院 刃》を召喚し《鬼流院》と《掘師》を踏み倒し、進化ハンターをこの上に重ねて場に出す。そして《掘師》の能力で進化クリーチャーをマナゾーンに送り、マナから場に出た《鬼流院》の能力で《掘師》と進化ハンターを踏み倒しそれを再度《掘師》効果でマナに戻す挙動をしたとする。
      この場合、TCG版だと《掘師》及び進化ハンターは二度目の《鬼流院》効果で出す前はマナゾーンにアンタップ状態で置かれているため、再度使用可能なマナは二度目の《掘師》でマナに置いた《掘師》と進化クリーチャーの2枚のみである。
      一方、デュエプレのマナ仕様で《掘師》が擬似アンタップインだった場合、一度目の《掘師》効果により使用可能マナが2回復、二度目の《掘師》効果でも再度2回復するため、4マナが使用可能となっていた。

関連カード [編集]

相互互換 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMD-03
    オレごと落ちな!地獄落とし穴!! ――掘師の銀
  • DMX-22
    縦のカギ2(α)
    ゾルゲの暗躍によって、どちらが先に攻撃してきたのか○○○○○が発生し、ハンターエイリアン戦争を始めた。
  • DMX-25
    ゾルゲを初めとした強力なアンノウンを次々と打倒し、パンドラ・スペースの崩壊を防いだハンター&エイリアン連合軍。だが、満身創痍の連合軍の前に最強のアンノウン、シャーロックが現れ、パンドラ・スペースを破壊した。
  • DMEX-13
    ゴリオ・ブゴリキングマスターになったのち、誰にも負けることのない実力を身につけるため、一日に数えきれないほどの回数の正拳突きで己を鍛え続けた。そして気づけばいつしかその正拳は、実体を持った残像を生み出した。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]