魔弾(まだん)ロマノフ・ストライク》 [編集]

魔弾ロマノフ・ストライク UC 闇文明 (5)
呪文:ナイト
相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-5000する。
自分の《邪眼皇ロマノフI世》の能力を使って、この呪文を墓地から唱えたら、このターン、相手の他のクリーチャーすべてのパワーを-5000する。

DM-29で登場したナイト呪文

相手のパワーを下げるので汎用性があり、自分のクリーチャーが多少貧弱でも殴りやすい様にしてくれる。しかし、同じ5マナ《死神ハンド》という確定除去が存在する為、普通は使われないだろう。
そうでなくとも普通のデッキでは《超次元ミカド・ホール》から《勝利のガイアール・カイザー》につなげたり、より軽い《炎獄スマッシュ》《バブル・トラップ》などを優先することが多い。

だがこの呪文の真価は《邪眼皇ロマノフI世》能力で唱えた時の擬似全体除去にある。
中型以下のクリーチャーは根こそぎ破壊でき、大型クリーチャーでも-5000もすれば大抵《邪眼皇ロマノフI世》で殴り倒せるサイズになる。

火力ではなくパワー低下なので、《光器ペトローバ》《光陣の使徒ムルムル》除去できれば、パンプアップされていた小型クリーチャーも一網打尽に出来る。ウェーブストライカーなどを相手にしたときも同様。

元々の効果が微妙なのでデッキにそうそう入るカードでは無いが、《邪眼皇ロマノフI世》山札のカードを選んで墓地に送る能力を持っているので、《邪眼皇ロマノフI世》を中心としたデッキに1枚だけでも刺しておくと能動的かつ有効に運用することができる。

後に全体パワー低下発動条件となれる《邪眼皇ロマノフI世 GS》が登場。
この呪文を墓地に送る事については確定で出来ると言えなくなったが、全体的には堅実なスペックとなったので、そちらの相方としても有用だろう。

  • よく誤解されるが、自分の《邪眼皇ロマノフI世》能力で唱えた場合、最初の単一のパワー-5000を処理してからそれ以外のクリーチャー全てにパワー-5000を処理する。
    すなわち、この能力を使用した場合、『どのクリーチャーもパワーは-5000であって、-10000になるクリーチャーはいません。』が公式の回答であるため注意が必要。
  • DM-29のテキストでは《邪眼皇ロマノフI世》が《邪皇ロマノフI世》となってしまっているが、公式ホームページから訂正が出ており、《邪眼皇ロマノフI世》として扱う。(>エラッタ
    重版分やDMC-58版では修正されている。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

魔弾ロマノフ・ストライク R 闇文明 (5)
呪文:ナイト
このターン、相手のクリーチャー1体のパワーを-5000する。自分の《邪眼皇ロマノフI世》があるなら、1体ではなく相手のクリーチャーすべてのパワーを-5000する。

強化時に相手クリーチャー全体をパワー低下できる点は変わらないが、全体化の条件がバトルゾーンに《邪眼皇ロマノフI世》が居るだけで良くなった為、手札から直接発動した際にも全体化が狙える。

この仕様変更により、手札から唱えた後にさらにロマノフの効果で墓地から唱えることで、相手のパワー10000以下のクリーチャーを全滅させることもできる。複数の《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》を倒すことも可能になった。
《光陣の使徒ムルムル》などの10000以下のパワーのパンプアップクリーチャーが存在してもまとめて薙ぎ払うことができる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]