《バイナラドンデン》 [編集]

バイナラドンデン VR 無色 (8)
クリーチャー:ジョーカーズ/シノビ 2000
ニンジャ・ストライク8(相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが8枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなければ、このシノビをコストを支払わず召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを山札の一番下に置く)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の山札の一番下に置く。その後、カードを1枚引く。

DMEX-12で登場した無色ジョーカーズ/シノビ

ニンジャ・ストライク8。cipで相手クリーチャーを1体山札送りにし、その後1ドロー

S・トリガーニンジャ・ストライク8に変わり、山札送りが無条件になった《バイナラドア》といった性能。

ニンジャ・ストライクの要求マナ枚数は多いものの、ニンジャ・ストライク初の確定除去
除去耐性を持たないクリーチャー攻撃であれば止められるため、ニンジャ・ストライクとしての安定感は随一。
おまけのドローも、2枚目以降のこのカードや他のシノビを補充できる可能性があるため強力。

ニンジャ・ストライクを使った場合、ターンの終わりに自身も山札の下へ送られるため《ヤッタレ総長》がいればそちらのドロー効果もトリガーし合計2枚引ける。

コスト8とかなり重めだが、本家《バイナラドア》と同じく《時の法皇 ミラダンテXII》ファイナル革命の影響を受けずに召喚する事が出来る。

ジョーカーズなのでJトルネードで回収可能。それが相手ターン中のニンジャ・ストライクであればマスターJトルネードで回収することが出来る。

ニンジャ・ストライク唯一単体でcip確定除去するクリーチャーであるため、【ジョーカーズ】に限らず多くのデッキに入る可能性のあるカードと言える。
もっとも、防御面だけ見れば、速攻相手であれば8マナに達する時点でシールドが無いことも珍しくなく、そのような状況であればニンジャ・ストライク7の《怒流牙 サイゾウミスト》でも防げる攻撃は変わらないのが難点である。

  • 名称の由来は和風屋敷に使用される仕掛け扉である「どんでん返し」。
    壁に見せかけた回転式の扉で、中に隠れた刺客が不意打ちを仕掛ける。
    • イラストには《バイナラドア》の顔が描かれた掛け軸と、掛け軸の裏の隠し通路が描かれている。
      時代劇によくある掛け軸の裏の通路が由来だが、これは「どんでん返し」ではない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]