光喜(こうき)(よる) エルボロム》 [編集]

光喜の夜 エルボロム OR 光文明 (5)
クリーチャー:デーモン・コマンド/超化獣 6500
ブロッカー
各ターン、はじめて自分の超化獣が出た時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。
W・ブレイカー
ハイパー化:自分の他のクリーチャーを1体タップする。
ハイパーモード 12500
T・ブレイカー
このクリーチャーがプレイヤーを攻撃するとき、自分の山札の上から3枚を見る。その中から、コストの合計が8以下になるよう、好きな枚数の超化獣を出す。残りを手札に加える。

DM24-RP1で登場したデーモン・コマンド/超化獣

素ではパワー6500のブロッカー/W・ブレイカーターン1超化獣が出た時相手のクリーチャー1体をフリーズする。
ハイパー化することでT・ブレイカーを獲得。更にプレイヤーを攻撃する時限定のアタックトリガーで、山札の上3枚から好きな枚数の超化獣を合計コスト8以下になるように踏み倒すことが出来る。

このクリーチャー超化獣なので最低でもフリーズ能力は使える。ブロッカーと合わせて時間稼ぎになるほか、相手のハイパー化の妨害にもなる。一応《ヘブンズ・ゲート》系統のカードから相手ターンに踏み倒した時防御札になるとも言えよう

ハイパー化を安定させられるなら超化獣の供給も安定するため、フリーズ能力も毎ターン使えるだろう。
繰り返しタップキル出来る他、《Dの頂点 ニルヴァーナ・ゼニシア》のように1体のクリーチャーを延々タップさせる疑似除去のようにも使える。ただしこのクリーチャーのアタックトリガーはプレイヤーを攻撃するときのみなのでそこをタップキルに使うのは勿体ないか。

ハイパーモード?時のアタックトリガーは単なるランダムな踏み倒しではなく、見る範囲がそこそこ広い上に残りは手札に入るため、超化獣の濃度がそこまで高くなくても強力。最悪1枚も超化獣が捲れなくても3枚ドローしているのとほぼ変わらない。

勿論踏み倒しに成功するとより強力で、上述の通りこのクリーチャーフリーズをトリガーさせられる上にハイパー化のコストにするカードにマナを回せるため効率よく展開できる。
ただしハイパー化攻撃ステップにはできないのでスピードアタッカー付与などとはそこまで相性が良くない点には注意。

相性の良いカード・デッキ [編集]

アニメ漫画において [編集]

  • 背景ストーリーを元にしたクリーチャー世界観映像のCGアニメに登場。突如としてゴルギーニ・タウンに現れ《富轟皇 ゴルギーニ・エン・ゲルス》やゴルギーニ5兄弟を圧倒、その後に現れた《邪魂の王道 ジャシン帝》と戦闘を行う。ゴルギーニ達を痛めつけた事とジャシンという強敵が現れた「喜び」により感情が高ぶりハイパー化、本能の赴くままに暴れゴルギーニ・タウンを壊滅させ同じくハイパー化したジャシンと激闘を繰り広げるが「今の貴方と戦っても喜びは無さそう」という理由で元に戻り姿を消した。
    • タップ能力効果はゴルギーニ5兄弟との戦いにおいて、相手を浮かせ地面からの光波で攻撃するという演出で再現されている。またその際はゴルギーダイオージャーへと合体中に攻撃という所謂「お約束破り」を披露している。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DM24-RP1で登場したデーモン・コマンド/超化獣のサイクル。

収録セット [編集]

参考 [編集]