無双龍幻(むそうりゅうげん)バルガ・ド・ライバー》 [編集]

無双龍幻バルガ・ド・ライバー P 火/自然文明 (10)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/ハンター 14000
スピードアタッカー
マッハファイター
T・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。それがドラゴンなら出す。ドラゴンでなければ、自分のマナゾーンに置く。

DMBD-05で登場したアーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/ハンター

スピードアタッカーマッハファイターを持ち、アタックトリガー任意に自分のトップ表向きにして、それがドラゴンならコスト踏み倒しドラゴン以外ならマナゾーンに置く。

《竜星バルガライザー》《緑神龍バルガザルムス》を組み合わせたかのような性能。少し噛み合わない能力を持っているが、スピードアタッカーでプレイヤーへ、マッハファイターでクリーチャーへと状況に応じて攻撃するのが望ましい。また、14000という高パワーとT・ブレイカーという打点の高さは、純粋なパワーを持つ設定であるドラゴンに相応しい。

これまでの「バルガ」と同様、トップからの踏み倒しを行える。外れてしまった場合は、マナゾーンへと移動されるため墓地に置かれる心配はない。
また、トップ確認は任意。なので山札カードが少なくライブラリアウト寸前なら無理して行う必要は無い。だが表向きにしてしまった後の処理は強制
もしトップ進化条件などの関係でバトルゾーンに出せないドラゴンであれば、山札からの移動は行われない。

コストが10というのは「バルガ」の中でも最大級。《超天星バルガライゾウ》と同様にバトルゾーンにクリーチャーがいなくても出せるのだが、10マナまで加速させるのも一苦労。単純に他の「バルガ」による踏み倒しが妥当策か。自然のハンターなので《若頭 鬼流院 刃》でも踏み倒し可能。

パワーはともかく、これまで世に出されてきたコスト10クリーチャーの中ではコスト論的に損をしている能力である。呪文だが同コストで同じ自然文明カードである《轟破天九十九語》と比べるとコスト踏み倒しとしては非常に侘しい。
多色、ハンター、パワーの差に拘らなければ、1コスト下に《爆銀王剣 バトガイ刃斗》で同じようなことができる上に汎用性もはるかに高い《王・龍覇 グレンモルト「刃」》が存在するのも悩ましい。

しかしながら、補助カードを立てずにS・トリガーを使わせる危険性が極めて少ない部分はいままでのバルガにはなかったところ。

《爆銀王剣 バトガイ刃斗》などの展開系ドラグハートが存在しないオリジナルでは諸々のドラグナーでは代用できないので、何とか採用圏内。《流星のガイアッシュ・カイザー》のような事実上の10コストサポートの範囲に収まるのも美味しい。

《竜星バルガライザー》等でデッキ文明に偏りやすい【連ドラ】では、このカード自然マナを確保する事で《メンデルスゾーン》《ミステリー・キューブ》を安定して使いやすくなる。
他の自然ドラゴンと異なり「バルガ」達でめくられても再抽選を行えるため、《勝利宣言 鬼丸「覇」》等のねらったドラゴンを踏み倒しやすくなるのもうれしい所。

他にも【カイザー「刃鬼」】で使われている。
《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》でのコスト踏み倒し範囲内なので、打点補強手段として利用されており、一種の山札圧縮としての性質もある。【カイザー「刃鬼」】ではデッキの潤滑油にドラゴンが多く入ることもあり、構築によってメインデッキの半分程度がドラゴンで埋まるケースも見られるため、決して悪い選択肢ではない。

《爆流忍法 不死鳥の術》型の【モルト NEXT】では非コマンドであることから、《禁断〜封印されしX〜》封印の枚数調整ができるコスト踏み倒し持ちとして利用価値がある。

その他 [編集]

  • DMBD-05背景ストーリーによると、やはりというか「龍幻郷」の領主であるという。
  • プロモ版のイラストの人物は、テレビ東京系列で放送されている番組「おはスタ」のメインMCを務めている木村昴氏。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のターン中、相手の《洗脳センノー》がバトルゾーンにいる状況で、自分の《無双龍幻バルガ・ド・ライバー》が攻撃しました。「攻撃する時」の能力で、自分の山札の上から1枚を表向きにして、ドラゴンを出そうとしましたが、《洗脳センノー》の能力で出せませんでした。この場合、その表向きにしたドラゴンはどうなりますか?
A.山札の一番上のカードがドラゴンでバトルゾーンに出せなかった場合、そのカードは山札の一番上に裏向きで残ります。
引用元

Q.自分のアンタップ状態の《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》が、「マッハファイター」を持つ相手の《無双龍幻バルガ・ド・ライバー》に攻撃されました。この時、攻撃されている《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》自身の「ブロッカー」を使えますか?
A.いいえ、使えません。クリーチャーが攻撃されている時に、そのクリーチャー自身に攻撃先を変更する能力は使えません。
(総合ルール 507.1a[1]
引用元


[1]
ブロッカーやガードマンなど、攻撃先を変更する能力を使用したい場合、非ターン・プレイヤーはその能力を使用できる1体以上のクリーチャーを選びます。複数体を選ぶ場合は同時に選びます。選ぶクリーチャーは、適正にその能力を使用できる状態でなければいけません。攻撃先を変更する能力を使用するために何らかの条件を必要とするクリーチャーは、その条件を満たせない状態では選ぶことができません。
 例:ブロッカーを持つタップ状態のクリーチャーを、能力を使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。
 例:相手のクリーチャーがプレイヤーを攻撃している場合、ガードマンを持つクリーチャーを、能力を使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。他にブロッカーを持つクリ ーチャーがいたとしても同様です。
 例:「ブロックされない」能力を持つクリーチャーが攻撃している場合、ブロッカーを持つクリーチャーを選ぶことはできません。
 例:アンタップ状態のブロッカーを持つクリーチャーが攻撃されている状況で、その攻撃されているクリーチャーは、ブロッカーを使用するクリーチャーとして選ぶことはできません。