《ドラゴンフレンド・カチュア》 [編集]

ドラゴンフレンド・カチュア SR 自然文明 (7)
クリーチャー:スノーフェアリー/ハンター 3000+
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から7枚を見る。その中からコスト7以下の進化ではないドラゴン/ハンターを1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。そのクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。そのターンの終わりに、そのクリーチャーを破壊する。
ハンティング(バトル中、このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある自分のハンター1体につき+1000される)

DMX-06で登場したスノーフェアリー/ハンター

cipで、自壊デメリット付きでドラゴンコスト踏み倒しする。
《幻想妖精カチュア》ハンター化したクリーチャー

タップ能力ではなくcipになっているためタイムラグなしで使えるのが特徴だが、出せるクリーチャーは、

本家と同じく、コスト踏み倒ししたクリーチャースピードアタッカーとなるため、《暗黒GUY・ゼロ・ロマノフ》《闘魂!紫電・ドラゴン》などをタイムラグ無しで使うことが可能。
その他にも、

専用デッキについては【ドラゴンフレンド・カチュア】を参照のこと。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ドラゴンフレンド・カチュア SR 自然文明 (7)
クリーチャー:スノーフェアリー/ハンター 3000+
バトルゾーンに出た時または攻撃する時、自分の山札の上から6枚を見る。その中からコスト8以下の進化でないドラゴン/ハンター1枚をバトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。そのクリーチャーはこのターン、「スピードアタッカー」と「このターン終了時、このクリーチャーを破壊する。」を得る。
ハンティング

DMPP-17で実装。
 
cipのほか攻撃時にも能力を使えるタイタントリガーになった。また、山札を見る枚数が6枚に減少したがコスト踏み倒しの対象範囲はコスト8以下に拡大した。

《永遠のリュウセイ・カイザー》を出せるようになったが、相手ターンにもタップイン常在型能力を維持するには、付与された自壊から《雪渓妖精マルル》などで守る必要がある。

  • 《ドラゴンフレンド・カチュア》は山札の上から固定の6枚を見るので、不発を防ぐために踏み倒し対象を増やすべきである。
  • TCG版では元ネタの《幻想妖精カチュア》のコストも7で同じだったが、デュエプレでは《幻想妖精カチュア》のコストは5になっている。コスト・パワーのみを強化された本家《カチュア》とは逆に、《ドラゴンフレンド・カチュア》は能力面のみ強化を受けた。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-17
    私の友達、怒らせると結構怖いよ!――ドラゴンフレンド・カチュア

関連カード [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]