《ボーンブレイド・ドラグーン》 [編集]

ボーンブレイド・ドラグーン UC 闇文明 (5)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 3000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト3以下のブレイブ・スピリットを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

DM-23で登場したティラノ・ドレイク
エキスパンションサポート種族呼び出しクリーチャーで、文明/ティラノ・ドレイク墓地から呼び出す。

墓地から呼び出すので、ディスアドバンテージがほぼ無く、確実性も高い。ただ、ティラノ・ドレイクデッキはより優先して入れたいカードが多いため、コスト3以下のブレイブ・スピリットを多く入れないと能力を生かしにくい。
また、墓地肥やしも組み込まないと、今この場でリアニメイトしたいブレイブ・スピリットが存在しないという場合もあるためその辺りも考慮しないといけないだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ボーンブレイド・ドラグーン UC 闇文明 (4)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 2000
バトルゾーンに出た時、自分の墓地からコスト3以下のティラノ・ドレイクを探索し、1枚をバトルゾーンに出してもよい。

何らかの方法で、4ターン目までに墓地肥やしができていれば、ティラノ・ドレイク版の、《機動要塞ピラミリオン》より踏み倒せるコストの範囲が1広がったクリーチャー感覚で運用できる。
その上、墓地は基本的に終盤になればなるほど潤っていくため、《機動要塞ピラミリオン》で起こっていた「終盤に出したら、山札に対象のクリーチャーが残っていなくて、踏み倒しが不発に終わる」ということが起こりにくいことはポイントが高い。

サイクル [編集]

DM-23の5コストハイブリッド種族。自身のサポート種族から、コスト3以下をコスト踏み倒しする能力を持つ。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]