サソリ [編集]

漫画およびアニメ「VS」シリーズに登場するキャラクター

コジローに恋する少女。本名は毒島(ぶすじま)サソリ。一人称は「ウチ」。

担当声優は進藤尚美氏。

普段はもっさりした深緑のロングヘアーに、サングラスとシャツという地味な恰好をしている(アニメでは困惑のサエナイお嬢さんと表記されている)。
牛丼屋でコジローが兄弟と一緒に白米の飯を食べ、店内の匂いを弁当箱に詰めた現場を目撃し、弟思いの優しさから彼に恋する。ちなみに、コジローのことを「コジたん」と呼ぶ。

クラスメートである井戸中 カエルのアドバイス(もとい、彼の趣味)でサソリの尻尾のようなポニーテールに口紅、露出度が高い服を着てまるで別人のハデハデでイケイケな女の子に生まれ変わる(この時の表記は魅惑のイケナイお嬢さん)。

  • ちなみに、デュエル・マスターズ公式HPのコンテンツ『名シーンをふりかえったれやー!第9話』のサブタイトルではエロいお姉さんと表記されている。小学生向けなのだから、もっと気を使った表記の仕方があると思うのだが…

実は西八尾町でチャンピオンを勝ち取った実力を持つデュエリストであり、コジローに一歩も譲らない程。

アニメではビーストフォーク號ジュラシック・コマンド・ドラゴンを軸にした緑単【ジュラシック連鎖】を扱う。

  • 口調は所謂京言葉。また変身前は井戸中 カエルを「カエル君」と呼んでいたが、変身後は「カエル」と呼び捨てでしかも舎弟扱いしたお嬢様へ性格も変わった。
    • ちなみに、声を担当している進藤氏は京都府出身のさそり座である。
  • 第12話ではデュエマ界四天王の1人自然文明使いとして名が知れている。会場には彼女を応援する学ランを着た男子が大勢駆けつけていた。
  • 第13話では、べんちゃんと対戦。準決勝に進出したコジローとのリターンマッチを実現するために、ハニートラップ(要するに色仕掛けのこと)で骨抜きにする作戦を仕掛けるも悉く失敗(その際、ガラスの仮面のごとく白目をむいている)、デュエマ中にもハニートラップを仕掛けるも「デュエルに集中すべきだ」と逆に諭されてしまう。途中で追い詰めるものの、べんちゃんの新たな能力「超証明」の前に敗北。しかしデュエマ後、べんちゃんから「初めからデュエルに集中されていれば勝負は分からなかった」と実力を認められる。
  • 長らく「VSR」ではマトモな出番がなかったが、第45話ではヒロイン道場師範(キャスト表示のキャラ名でもこの表示)として再登場。デュエマ世界のメディア作品の人気ヒロインを鍛え上げたと豪語しており、ヒロイン力を鍛えようとする滝川 るるに熱血指導(壁ドン組手、食パン加えてぶつかる稽古など)を行い、るるを別人のヒロイン中のヒロインに鍛え上げた。なおBGMは彼女がデュエマをする時のBGMである「サソリ・バトル」が使われていた。
    • ちなみに人気ヒロインの場面で「今売れている」と説明がされているが、元ネタの2シリーズはデュエマと同社のタカラトミーのプリパラに人気を取られており漫画版のデュエにゃんこのネタと同様に同業者の抗争を皮肉ったブラックジョークである。
  • 苗字の「毒島」は「ぶすじま」と読む。読みの響きから良い印象を受け難いが、江戸時代から用いられている歴とした苗字である。その由来は、猛毒植物である「トリカブト(塊根を附子(ブス、ブシ)と呼ばれた)」を漢方薬として使用するために管理する役人の事を、江戸幕府が「毒島」と名乗らせたことから始まったとされている。
    • なお、醜女を指す罵倒語の「ブス」もこの附子から来ているが、本人はいたって美少女であるうえ、るると違い作中でも美少女の扱いを受けている。

漫画ではデュエマ甲子園の出場者として「女王サソリ」という名義で登場。ライフポイントは91Pで5位、次に119Pで5位であった。

戦績 [編集]

アニメ「デュエルマスターズVS」 [編集]

関連カード [編集]

超次元ゾーンに置かれていたカード [編集]

参考 [編集]